自信を持ってトレードに臨む
Businesswoman with muscly arms in concrete interior. Confidence and power concept

愛知県のK様から質問をいただきました。


◇ 質問
・サインが出たら早めにエントリーして、
 うまくトレンドに乗れば
 利幅がとれる可能性が高くなる。
 
・早めのサインでエントリーしても思うように
 株価が動かず、結局損切りになる。

・きちんと確認できるのを待っていたら、
 エントリーがずいぶん遅れてしまい、
 しっかり利益を取れなかった。

デモ取引でこんな経験をしています。

先回のチャートノックでは、
方向感の見えない中でのエントリーで損切り、
今回のチャートノックではエントリーを
見送りました。

結局はその時々の状況で違うし、
バランスだと思いますが、
ちょっと頭が整理できずにいます。

どのように考えたらよいでしょうか。
ポイントを教えて頂けると助かります。



最初のポジションを試し玉と考える方法。

最初から本玉と考え、
利益を乗せていこいうと考えるから
重たくなるんじゃないですか?


試しに入れてみよう、
ダメなら切る。


損切りも、
本玉のように資金管理から導き出した
LCとせず、1%とか2%とか
タイトな設定にして、
逆行したならシナリオと違うとして
即、切る。

思惑通りに含み益が乗ってきたら、
試し玉を本玉と捉え、
LCを設定し直したり、
含み益に応じて増し玉したり。



これでよくないですか?




また、自分の自信の度合いで点数をつけます。
5段階ぐらいでいいでしょう。

自信があるなら、本玉として積極的に展開。
2とか3なら試し玉。
1なら見送る。

など工夫のしようでいくらでもできますね。


この自信の点数をつける方法で
ポジションの大きさにも応用できます。

自信があれば積極的に展開。
自信がなければ最低単元で。
1なら見送る。

そして、自信の点数付けは、
常に検証を行い、
読み通りに点数をつけられているか
どうかを確認することで、
経験値が増せば増すほどよく機能します。

ここをクリックして申し込む