Basic concept. Wooden letters on the office desk, informative and communication background.

東京都のM様から


前回頂いたメールの最後、非常に心に刺さりました。

>本当にそれが、収益面から見て
 意味のある行動なのか?

>トレードをやっているつもりだけで
 お金は増えないんじゃないか?

>早い話がただのトレードしたいがための
 自己満足なんじゃないのか?

>お金が増えないなら、少し休むとか、
 ゆっくりペースで行くとか、
 手段はいくらでもありそうじゃないですか?

今回回答した、
実践投資家への道15回もタイムリーで、
「立ち止まって、一度自分自身に問いかける時かも」
と感じました。

「ああやっぱり、ブレブレなのがバレバレなのね」
とも。

自分でたてた目標に、
足を絡め取られてしまったようです。

4月までに50万、ご褒美有り、というやつです。

ご褒美をつけたのはいいアイディアだと
思っていましたが、

「ご褒美がどうしても欲しい!
でも、目標は達成できそうにない!」

の葛藤に陥ることになりました。

金額目標は相手次第、
という前提はわかっていたつもりでしたが、
「じゃあ、どこまで頑張ったらご褒美OK?」
の線引きが決められず、
「休むことは、あきらめてるってことでは?」
と、1人で混乱していました。

今書いていて思いましたが、
いつの間にか目的がすり替わっていたようです。

「何をこんなに意地になっているのだろう」
と、ずっと感じてはいましたが、
ご褒美を得ることに必死になって、
本来の目的を見失っていました。

最終目標の通過点として
細かい目標があるのであって、
まして目の前のニンジンに
目を奪われている場合ではない。
軌道修正が必要ですね。

これまでの学習の中で、
全体環境が悪い時、
自分の調子が悪いと感じた時は、
休むかペースダウンで調整と学んだはずです。

自分で構築してきた基礎の中に、
組み込まれていたはずです。

休むことは、逃げではない。
ここの部分を履き違えてはいけませんね。
焦りと意地で、空回りしていたようです。

目標を立て、そこに向かって全力を
尽くすことは、素晴らしいことです。
では、全力を尽くすとは何か?

「本当なら、休むはずなのにな」
「休むなんて、目標から逃げているみたい。
 あきらめているみたい」

感情に振り回されて、
葛藤の中でトレードを続けるよりも、
課題に取り組む方が有意義ではないか?

実力を上げるために、
やる事は山積みです。

冷静になればすぐにわかりますが、
視線が脇に逸れてしまうと、
たやすくブレてしまうことがわかりました。

トレードでの基本は順張り、トレンドフォロー。

損益比1:2で、勝率3〜4割、
ホームランの部分で稼ぐ。

全体環境が悪い時や、
自分の調子が悪い時は、
休むかペースダウンで調整。

今後、何かしらの葛藤を感じた時は、
この基本方針をもう一度
確認してみることにします。

真に逃げている時、
あきらめてしまった時というのは、
目標のことすら忘れて、

「今できる最善のことは?」
の問いに答えられなくなった時だと
思っています。

視界はすぐに曇ります。
自分が思うより、ずっとたやすく。
自分が発する光だけではまだ、
足元を照らしきれない時、
手を引いて方向を教えてくれる存在は
非常に有難いです。

先生を使い倒すようにと、
よく仰いますが、また助けて頂きました(笑)
迷走中なこと、分かりやすかったでしょうか。
━━━━━━━━━━━以上━━━━━━━━━━━

相場に対峙していると、否定の連続です。
やってもやっても裏の目が出るんです。

エントリーしては損切りし、
損切りしたと思えば株価が上昇し、
含み益が出たと思えば反転下落で損を出し、
早めに利食えば、そこから飛んで行く。

どこかで見てんのか?
と思うことはしょっちゅうで、
自尊心はズタボロにされる。

最も強烈なのは、
儲けようとやっているのに、
資金は減る一方。

否定されまくりで傷つけられることしかありません。
心理的には認知的不協和となります。

そういうとき取る手段としては、
「その場から逃げる」
「見て見ないことにする」
です。

相反する心理のバランスを取るためには、
そうするしかなくなります。


これが、相場から逃げ出す理由です。

逃げ出したところで、
それ以上良くなることはありません。

これまで勉強したことは無駄になり、
市場に寄付したお金は回収不可能になり、
身近な人からは、

「言ったでしょう。株で成功なんかできるはずないと。あんたには才能なんてないのよ」

と言われ、
家族のためにやろうとしたことなのに
全否定されプライドは完全崩壊。

普通の人が、
こういうことになることは
わかりきっています。

だからこそ必要なものは何か?



・何のために株をやるんですか?
・儲けたお金で何をしたいんですか?

という根本にあるもの。
根っこの部分です。
目標、最終的な目的です。

大事なことですから、
何度も何度も確認した方がいいでしょうね。

「あなたは、何のために株をやるんですか?」
「儲けたお金で何をしたいんですか?」
「そのためには、今、ここで何をしなければならないんですか?」

ここをクリックして申し込む