東京都のM様から


11月のご報告です。
と言っても、11月はわずか2件の損切りで終了。
(途中省略)

12月に入り、上記4銘柄は全て含み益。
どれもまだ+10%は超えていないものの、
ファンケルと京阪HDは、
ようやく上がり始めたという印象でした。

しかし喜んではいられず、
12/3の日経平均は7月からの支持線を抵抗線に変え、
陰線でこの抵抗線にぶつかっていました。

ここを越えられれば、23,000円まで
上がる可能性もあると思いましたが、
全く読めない状態。

この時点で私の頭の中は、
「同値撤退」で一杯でした。



そして翌12/4、不安的中、
日経平均大幅下落となりました。

仕事の昼休み中に状況を確認、
保有銘柄全てが下げていたので、
とりあえず逆指値を取得値に変更。

じっくり考える時間も無く、
とにかく同値撤退と思っていたので、
この時できる最善の手だと考えていました。

が、後から落ち着いて考えてみると、
京阪HD以外は複数単元保有だったので、
昼に逆指値を変更した時点で
半分決済しておけば良かったな、と。

もしかしたら後場に回復するかも?なんて、
大衆丸出しの期待をしている場合ではなく、
抵抗線に陰線で跳ね返された
日経平均が下降しているのですから、
この事実のみを受け止めるべきです。

以前、複数単元の取引では
分割決済を活用していこうと
決めましたが、頭に浮かびませんでした。

まだまだ、身についていません。

今回は、
大した利益額ではありませんでしたが、
こういうちょっとした事が、
精神的に大きな影響を与えることもあります。

何度か失敗しないと、
いざという時に使えるように
ならないのかもしれませんが、
今回明確にルール化しようと思います。
(途中省略)

今回は、また1つルールが増えて
良かったと思います。

強いトレーダーにはまだ程遠いですが、
こうして1歩ずつしか進めないので、
仕方ありません。

それでも、過去の自分を振り返ると、
随分成長したなと思います。


最近よく思うのですが、
こうして先生のところに
参加させて頂いているお陰で、
他の受講者様とも
間接的に繋がれるようになり、
それがとても大きな支えになっています。

いろいろな考え方を教えて頂いたり、
やる気を頂戴したり、時には
「皆同じなんだな」という安心感を感じたり…。



特に、千葉県の○様には、以前先生に
「(私と)同じようなタイプの方」
と教えて頂いたこともあり、
勝手に親近感と憧れを感じています(笑)

常に私の上の上の上を行かれており、
励みになります。

他にも、「凄い」と驚くような方も
たくさんおられ、自分にとって
良い刺激となっています。

先生はもちろん、受講者の皆様にも感謝です。


>何度か失敗しないと、
>いざという時に使えるように
>ならないのかもしれませんが、

失敗してもいいと思うんですよ。
むしろ、失敗のない上達なんてありえませんからね。

うまくいかなかったところの問題点を洗い出し、
修正し再チャレンジ。

一度のミスはいいとして、
再発をいかに防止するか?

この連続です。

Mさんは理解されていると思いますが、
相場素人が考えるのは、

勝っている人は
・損をしない
・失敗しない
・うまくいく方法を知っている
なんですよ。

大間違いです。

誰よりも損を出しています。
誰よりも失敗しています。

私なんかも、受講者さん全員が出した損の合計より、
たくさん損を出していると思いますし、
失敗の回数でも絶対に負けていません。

それを上回る利益につなげているだけです。
失敗の数だけ問題解決につなげているだけです。

それだけの話しです。

いまだに勝ててない人というのは、
まだ失敗の数が足らないと
いうことなんじゃないですかね。

でも、現実には失敗すると落ち込むし、
損が膨らんでくると、この世の地獄。

だからこそ、チャートノックなんです。

シミュレーションだから、
どんどん損したらいいじゃないですか。
私のダメ出しを受けたらいいじゃないですか。

実戦で失敗しても、だれもダメ出ししてくれません。
モニターの向こう側では、注意してくれるどころか、
他の誰かがほくそ笑んでいることでしょう(笑)

チャートノックをやっているうちに、
問題箇所を発見し、
修正すればいいんですよ。

素人はいきなりトレードするんです。
しかも、1000円程度の投資本を
ちょろっとかじった程度で実弾を投入する。

しかも、3、4回うまくいかないと、
他の方法論を探して歩き、
どれも中途半端なまま投げ出す。

おめでたいですね(笑)

素人が見えている程度のことで
勝てると思ってるんだから、
あまりにも薄っぺらい。

こういうおめでたい人たちの存在が、
我々実践家に恩恵をもたらせてくれている。

今日も資金の供給マシンとして頑張ってくれて
実にありがたい(笑)



>こうして先生のところに
>参加させて頂いているお陰で、
>他の受講者様とも
>間接的に繋がれるようになり、
>それがとても大きな支えになっています。

こういう声を結構いただきます。



トレードの経験値を積み重ねれば
強くなれることはお分かりだと思いますが、
一人の人間が経験できることなんて、
たかが知れてるんですよ。

時間的にも、資金的にも、
誰もが制限を抱えています。

ある人だけ1日50時間あって、
トレードを始めるにあたって
10億円の資金が口座にある・・・
なんてことは絶対にありませんからね。

だからこそ、自分一人では経験できない、
先輩受講者さんが経験したことを共有できれば、
時間も資金も温存できるんです。

さらには、
トレードはモニターの向こう側にいる
ライバルとの心理的な駆け引きでもあります。
言うなれば心理戦ですよ。

つまり、他者への想像力を持つことは、
心理戦を有利にするために
決定的に重要なことになるはずです。

私のところのメルマガや特別実践レポートでは
受講者さんからのお便りや質問を
みなさんとシェアしています。

これは、他者への想像力を磨くことができ、
圧倒的な強みに繋がるんです。



うち以外で学んでいる人は、
一人で考え
一人で経験し
一人で資金を溶かし
いつの間にか消えていく。

うちで学ぶ受講者さんは、
他の受講者さんの失敗談、
経験談を学ぶことで、
相場という世界の洞察力を養える。

この「投資力養成プログラム」は、
こういうものがあったら
もっと楽に稼げるようになれただろうと
思うことを形にしたものです。

受講者のみなさんの協力があってこそ、
成り立つ仕組みで大変ありがたいと思うとともに、
我ながらうまい仕組みを考えたなとも思います(笑)



Mさんも、
他の受講者さんも、
失敗が足らないと思います。

その上で、
「投資力養成プログラム」を
まだまだフル活用してほしいと思います。

もっと成長できますし、
もっと強くなれますから。

ここをクリックして申し込む