Blue Inscription - Your Chance. Business Concept with Cartoon Icons. Your Chance - Hand Drawn Illustration for Web Banners and Printed Materials.

「あー、やっぱりみんなお金を稼ぎたいし、
稼いだお金で豊かで幸せな暮らしを送りたいんだ」

今回報告をいただいてそう思った。


その報告は以下の通り。
━━━━━━━━━━━以下━━━━━━━━━━━
今回の失敗は、維持管理を怠った事による
損切額の大きさです。
(ヤーマン10月▲3万。11月▲8万。)

せっかく含み益が出ていても
利益確定するタイミングが悪い。
(利益確定:安川電機18万。
東海カーボン7万。ヤーマン4万。)

だいぶ下がってから利益確定するなど、
欲の皮が突っ張ているのです。

ヤーマンは好決算発表だったのに、大きく下落等々…。

私の弱点は、チャートノックの練習嫌いなのです。
それでいて、株でお金を稼ぎたいなどと
ほざいているのです。

本気度が足りないとお叱り下さい。
未だにスタートに立てていない自分を恥じます。

持っている株は全て現金化しました。
しばらくは相場に参加せず、
チャートを読む練習をしたいと思います。

チャートノックのチャートは、
自分に興味のある銘柄を集めれば
良いのでしょうか?
━━━━━━━━━━━以上━━━━━━━━━━━


これだけ伺うだけで、

・どんな問題があるのか?
・どう改善したらいいのか?

おおよその方向性がわかります。

何しろ「投資力養成プログラム」を主催して
5000名以上の受講者さんにご縁をいただき、
成長する人の特徴、そうでない人の特徴なども
ほぼ完璧に把握しているのでわかるんですよ。

上手くいかない人の共通点は、
だいたい似たようなものです。

と言う事なので、
上手くいかない事を改善し、
上手くいくようにスキルを身に付ければ
今とは違う結果になるんです。

そう思いませんか?


今回、改善しなければならないのは、
まず「 資金管理 」です。

お金を増やそうとするのに、
「 資金管理 」ができていないと、
お金は増えません。

遊びなら、管理などしなくていいでしょう。
手持ちのお金がすっからかんになるまで
遊べばいいだけのことですから
資金管理など必要ありません。

しかし、お金を増やそうとするなら
そうはいきません。
底の抜けた桶で水をすくっているようなもの。

「 資金管理 」を学ばなければいけませんね。

>せっかく含み益が出ていても
>利益確定するタイミングが悪い。

利確の問題点は、維持管理ができてない事です。



トレードでは、

買う

維持する

出る

この3つの管理が必要になります。


買った株に利益が乗ったからと言って、
ほったらかしておけば儲かる
というような単純なものではありません。

一直線で上昇すれば
こんなに楽な事はありませんが、
未来のことはわからないから
途中が単なる押しなのか?
あるいは、反転下落するのかを
見極める必要が出てきます。

さらに、上昇トレンドに乗ったなら
増し玉して利益を最大化する
努力も必要です。

トレンドフォロアーなら、
トレンドフォローの戦略に基づいて
売買しなければならないんです。

これらを総称して「 維持管理 」なんです。



勝てない人は、この「 維持管理 」
をしてないんですよ。


・買ったら買いっぱなし。
・前回儲かったから、今回も同じように儲かるだろう。
・上がる株を買えば儲かる
・上がるタイミングを知れば儲かる

こういう考えそのものが儲からない原因です。



ここまでを整理します。

・資金管理が出来ていない
・維持管理が出来ていない

これでは、儲からなくて当然です。


ここで、大きなチャンスが生まれました。

問題点を見つけたので改善すればいいだけのこと。
それだけで儲かるようになれるとは言いませんが、
少なくともこれまでとは違った結果が
得られる事でしょう。

この繰り返しなんですよ。
永遠に・・・。



やってみる。
上手くいかない原因を突き止める。
問題を改善する。
再チャレンジ。

また、上手くいかない原因を突き止める。
問題を改善する。
再チャレンジ。

Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Action(改善)

PDCAと言って、品質管理などの世界では必須です。



初心者はこれをやらないんです。

・自分が買った株は全部儲かると思っている
・投資本を4から5冊読めば全てわかると思っている
・問題がどこにあるかわからない
・そもそもどういう戦略で臨むのかわかってない
・わからない事ずくしで、何を改善したらいいのか検討もつかない
・投資本の著者が株で儲けていない事に気付いていない
・NET上の情報商材屋が本物かどうか疑う事をしない

という状態なんですよ。

それなのに、なんで儲かると思えるんでしょう?



>私の弱点は、チャートノックの練習嫌いなのです。

練習が好きだという人は、そう、いません。
練習よりも本番に臨んだ方が楽しいですからね。

草野球とか、ママさんバレーとか
練習より試合してたほうが楽しいでしょう。



でも、トレードが事業だと考えると、
それ相当の準備が大切なんだとわかると思います。

例えば、
練習もしない外科医に外科手術を
お願いしたいと思う人はいませんよね。

高校卒業したての見習い大工さんに
家を建てて欲しいと思う人もいないでしょう。

独学で練習した趣味でピアノを弾く人の
リサイタルにお金を払おうと思う人もいません。

修行をしたこともない脱サラした
お父さんが出したお店のラーメンなど
食べたいと思う人はいません。

練習もしないプロ野球選手はいませんし、
練習しないオリンピック選手もいません。

プロという人たちは、
自分が強くなるためには
何が必要かを知ってるんですよ。

そして、練習する事で
将来どういう結果がもたらされるか
知ってるんですよ。

トレードだって同じ。
本気でお金を稼ごうと思えば、
しなければならないことは
しなければならないんです。

当たり前だと思うんですが、
そう思いませんか?
 


>本気度が足りないとお叱り下さい。
>未だに スタートに立てていない自分を恥じます。

私がとやかく言わなくても、
市場から強烈な仕打ちを受けられたでしょう。
それで十分じゃないですか。

だったら、大きな代償を払った分、
その経験を活かせるようにしたらどうでしょうね。

今、強くなるために何が必要か?
を考えたら答えが出ると思います。

そうそう、
一切投資などやめてしまうことも
選択肢の一つにするべきです。

中途半端なまま続けると言うことは、
他の誰かの餌食にされます。

市場では当然のようにお金を奪っていきますし、
証券会社からはしっかり手数料を取られ、
少しでも学ぼうと投資本やNET上の商材を探すと
出版社や情報商材屋に食い物にされる。

いろんなところで獲物を狙う
ハイエナが潜んでいるんですよ。

投資初心者が訳も分からずうろうろ彷徨って、
いい思いができるような世界ではありません。

それは、相場に限らずプロの世界では
何でも同じだと思います。



>チャートノックのチャートは、
>自分に興味のある銘柄を集めれば
>良いのでしょうか?

やり方を一度きちんと学んだ方がいいと思います。

適当にやればいいと言うものでもありませんし、
きちんと系統立てたやり方でないと
間違ったことが身についてしまいますから。

それに勝てない人が
思いつく程度のことで練習して
意味があるかどうか?ですね。

ここをクリックして申し込む