「トレーディングエッジ入門」には
相場参加者の心理状況がよく記されています。
その報告が受講者さんから相次いでいます。

行き詰まった時には、
「トレーディングエッジ入門」は、
壁を乗り越えるヒントになるでしょう。



愛知県のN様から


最近受講者さんたちが「トレーディングエッジ入門」
読み返しています。
という事が多かったのでどれどれと
何かヒントが無いかと読み返してみました。

記録によると前回読んだのは2017年12月。
ほぼ1年ぶりでした。

ここにチャートが作られていくトレーダーたちの
心理状態が 詳しく書かれていました。

前回読んだときにはよくわかっていなくて、
読んだ気になってスルーしていたようです。

今回はいろいろな銘柄のチャートを出しながら
夢中になって読みました。

大きなヒントが書かれていました。


あらためて自分のトレードがいかに
一般大衆的であったかを思い知らされましたし、
チャートを見ている時も一般大衆のやることを
少し上から俯瞰している感じになれば
チャートの波に飲み込まれることは
無いのではないかという気がします。


そういえば前は
「リンス」「流動性プール」「エアポケット」
「ウィップソウ」 という日本語だか英語だか
よくわからない言葉にイライラしてました。

先ずこれを理解することから
始めなければならなかったです。


>ここにチャートが作られていくトレーダー
>たちの心理状態が 詳しく書かれていました。

そうなんですよ。
この本に全て書いてあります。

この本を読む事で私など必要なくなります(笑)
私のところに何万円も払わなくても、
4000円で事が足りる。

しかし、理解するには
相当ハードルが高い本だと思います。
そこで、私の役割は、
誰でもわかるように伝えることだと思っています。


>前回読んだときにはよくわかっていなくて、
>読んだ気になってスルーしていたようです。
>今回はいろいろな銘柄のチャートを出しながら
>夢中になって読みました。

読み返してみて理解が深まるようになれたのは、
成長したからですね。

翻訳本を理解するのは大変なんですよ。
外国の著者の言い回しは日本人には馴染みませんし、
相場の専門用語も難しい。
そこへ、相場の理解が浅い人の翻訳では、
わかったようなわからないような
表現になってしまいます。

でも、成長していけば、
それもわかってくるんですよ。


>夢中になって読みました。

これがいいですね。
わからないことが、わかるようになる喜びは
何ものにも変え難いと思います。


>チャートを見ている時も一般大衆のやることを
>少し上から俯瞰している感じになれば
>チャートの波に飲み込まれることは
>無いのではないかという気がします。

その通りですね。
チャートから市場参加者の動向を
読むことができるんです。
それを利用すればエッジになるんです。

ここをクリックして申し込む