兵庫県のO様から


>2ヶ月前の自分と今現在の自分に、
>差は感じられますか?
>感じられないとすれば、
>どこに問題があると思いますか?
>そして、どのように対策をとればいいですか?


10月より養成講座を受講させて頂いています。
この1か月でも成長出来ている実感は有ります。
今まで見えなかった物が見え、
考えられなかった事が考えられる様になりました。
が、長く続ければ止まる時もあると思います。


>差がわかるという場合、
>それでも改善点、
>修正点はあると思います。



性格上、飽き性なのは自覚しています。
頭打ちをして、続かなくなるかもしれません。
しかし、明確な願望、目標があれば
乗り越えられると感じています。

思いだけではダメなのも頭では理解しています。

仕事と講座の学習で手一杯の状態ですが、
時間配分を組立て直している次第です。

先は長く、スタートライン(真に自立する。)
にも程遠いですが、時間は限られていますので
努力あるのみです。




>今まで見えなかった物が見え、
>考えられなかった事が考えられる様になりました。

うまくいっている人と、
そうでない人との間には、
物事の見え方の差があります。

全く同じチャートを見ながら、
稼げる人と、稼げない人が
いることからもわかります。


開運なんでも鑑定団なんかもそうだと思います。

私には美術品や骨董品の価値は
さっぱりわかりません。

それもそのはずです。
そういう方面に興味がありませんし、
勉強もしていない。

いいものをみわけるための
目利きの経験も皆無。
わかるわけがありません。

しかし、鑑定士の皆さんの
目利き力はずば抜けたものがあります。

思わぬものが高額査定されたり、
逆に高価なものだと出品されたものが、
贋作だったり。

その道のプロには目利き力があり、
素人には見分ける力がない。
同じものを見ても見え方が違う
典型例でしょう。

鑑定士は、それが商売なんですよ。
目利きできて当然。


で、
見えないものは見えないんです。
見えないものを見えるようにしろと
言っても無理な話し。

なぜなら、見えないんだから。


だから、見えている者から
見え方を教えてもらう以外に
方法がないですよね。

それを投資力養成プログラムでやってるんです。

ここをクリックして申し込む