Finger about to press future button with blue light over black and grey background. Concept image for illustration of change or strategic vision.

神奈川県のA様から


>質問します。

>2ヶ月前の自分と今現在の自分に、
>差は感じられますか?

>感じられないとすれば、
>どこに問題があると思いますか?

>そして、どのように対策をとればいいですか?

>差がわかるという場合、
>それでも改善点、
>修正点はあると思います。

>一度立ち止まって、これまでの経過を振り返る。
>未来のタイムラインを歩むには必要なことです。

>次の時も同じことを聞きます。

>その時に、変化を感じられない、
>成長が感じられないとするなら、
>夢や目標を追いかけることを、
>やめたほうがいいかもしれません。

>自分に負荷をかけなくてすみます。

>心の底では、変わることより、
>楽に生きることを望んでいるのかも
>しれませんから。

【回答】

Q1:2ヶ月前の自分と今現在の自分に、
差は感じられますか?

実践投資家への道をスタートした直後は、
チャートノックのスタートに
躓いてしまいましたが、
まだまだ未熟なレベルのレポートですが
レポート提出の遅れを最小限まで
もって来る事が出来てほっとしています。

Ans1:自分では差を感じています。

一つ目は、あきらめずに努力すれば
必ず成功できるという意識になった事です。

そのためには毎日の欠かさぬ努力が
必要な事は言うまでも有りません。

二つ目は、余り根拠も無く
行きあたりばったりで
エントリーしていたものが、
エントリーの根拠を
意識するようになりました。

三つ目は、チャートノックでの
住川様のご指導と模範解答を拝見して、
取組み方を理解する事が出来て、
一つひとつ丁寧に考えて
トレンドがどう動いたらどうする
という打ち手をトレンドを想定して
しっかりとプラン作りをすることを
学びました。

四つ目は、日足での変化を市場心理と
結び付けて考えるには
模範解答の皆様とは雲泥の差がありますが、
月足、週足、日足それぞれを
見る意識が変わりました。

五つ目は、トレーリングストップを
意識するようになった事です。

以前はある程度利益が出たら
売って終わりという感じでしたが、
現在は両建てで今後のトレンドを
見るということが
意識できるようになりました。

しかしまだ低いレベルの
レポートしか提出出来ておらず、
ご指摘のとおり、改善点・修正点
ばかりの状況です。

そんな中で、まずは改善点として
習慣化から取り組んで行きます。

相場日誌、自身でのチャートノック、
週ごと、月ごとの振り返りを
習慣化して行きます。

この事をこれからの目標として
早速取り組んでいきます。



=================================
受講者の皆様へ
=================================

今年もあと2ヶ月を切りました。
平成の時代ももうすぐ終了してしまいます。
寂しい気持ちもありますが、
新しい時代がくると思うとワクワクします。

その上で、
投資力養成プログラムをスタートした時の自分と、
今現在の自分に差は感じられますか?

感じられないとすれば、
どこに問題があると思いますか?

そして、どのように対策をとればいいですか?


差がわかるという場合、
それでも改善点、
修正点はあると思います。


次の機会も、
同じことを聞きます。

その時に、変化を感じられない、
成長が感じられないとするなら、
夢や目標を追いかけることを、
やめたほうがいいかもしれません。

自分に負荷をかけなくてすみます。
今を楽でいられます。

将来どうなるかは別にして、
これ以上苦しむ必要がなくなるということです。

心の底では、変わることより、
今を楽に生きることを望んでいるんでしょう。

それも人生です。
何を選択してもあなたの自由です。


その上で考えてみると、
南海トラフ地震や東京直下地震など
未曾有の大災害が近い将来起きるでしょう。

行政が支援してくれるから、
きっと大丈夫だと思いますが、
悲しいかな行政は、住民に対して
平等でなければいけません。

一方、自分に十分な備えがあれば、
行政に頼らず家族を
守ってやる事ができます。


また来年からは消費税が上がります。
給料が変わらなければ、
2%使えるお金が減るという事です。

たった2%ですが、心理的な影響は
相当なインパクトになるでしょう。

2020年東京五輪が終われば、
経済の流れも変わる事でしょう。

将来、好材料より、不安材料の方が
多い気がします。

それを踏まえて、今を楽に生きるのも自由。

将来を楽に生きることを選択するのも自由。

受講者の皆さんは、
どちらを選択するんでしょう?

ここをクリックして申し込む