千葉県のN様から


3064 MonotaRO

月足では5月に上値4000円の三角保合い上放れ。
週足では3月に押し目を付けた後、
5月に4000円の上値抵抗線をブレイク。

日足でベストエントリーポイントは、
変形Wボトム(安値切り下げなので)の
ネックラインを超えた3/15、
もしくは第一四半期決算発表後の5/1~7のあたり。
そこからは今日まで、
25日線を大きく割らずに上昇している。

仮に5月に4000円でエントリーしたとすると
+30%の利益が載っている。

7月に入ってからは日経平均の乱高下に
合わせるように揉んでいたが、上放れ、
7/11に上場来高値更新。

ホルダー全員含み益。

今からエントリーなら
同じようなパターンのチャートが続くと仮定し、
25日線で買って、25日線の少し下に
逆指値を置けばよい。

株価の上昇とともに信用買い残が減ってきて、
取り組み1.1倍。需給も良くなっている。

ここから買う人は、
「多くの銘柄が下降トレンド入りしそうな現在、
ここまでの強さの銘柄は少ないので資金が集中する。
まだ上値を追うだろう。」と思う。

5000円あたりで(4800~4900円の辺りに多そう)
売り玉を建てている人はどこまでなら耐えられるか?
今日7/12の引けに大きな買いが入っていたけれど、
買戻しではないかと思う。

大口ファンドは、安く集め終わっているなら
利確してくる。

他で損を出しているなら尚更売ってきそう。

ただし、運用成績を考えれば月末近くか?
吊り上げてから売るか。

連日上昇していればイナゴも寄ってくるだろう。
そんなことを考えながら今後も見ていきたいと思います。


2326 デジタルアーツ
(途中省略)
 
3655 ブレインP
月足では2018年に入ってから出来高を伴い、
急上昇、3倍になっている。

週足では13週線をほぼ割らずに、
現在は大きく乖離した状態で上昇。

日足では、4~5月にかけて一度
25日線を割ったが、それ以降は上で推移。

買い残減少とともに売り残が増えて、0.87倍。
直近では本日7/12上場来高値を更新。
ホルダー全員含み益。

私は3月からこの銘柄を追っています。
最初に2300円台で買ったのですが、
増玉、損切などして、マイナスではないにしろ、
儲かりませんでした。

ところが、チャートノックをやり続けていたら、
この銘柄の取り方がわかった気がして、
そこからは儲けが出るようになりました。
高値から、20%くらい、ふつうに押すので
絶対に両建てが必要ですし、PFレシオを考えたら、
25日線以外で買っちゃダメ、
他では損切が大きすぎます。

上昇したからとすぐに逆指値を上げたらやられる
しばらくは同値撤退などなど、
いろいろわかってきました。

デイトレ参加も多いらしく、
1日の株価変動率が異様に大きい時があり、
びっくりすることもあります。

別にリベンジトレードというわけでもなく、
この銘柄にこだわっているわけでもないのですが、
ずっと追っているのは、クセが分かったら
ちょっと楽しくなってきたのです。

気まぐれ銘柄で、最初翻弄されていましたから、
期待が無いので楽なのです。

どんなことも起こりえると思えるのです。

ああ、こういう事なんだな、と思いました。
「期待しない」という事は。
本玉は+40%を超えてきました。
(ちょっと期待しちゃいますね)



3064 MonotaRO
いいですね。
バッチリです。
よくチャートの奥にある背景も見えています。
さすがです。

2326 デジタルアーツ
これもいい目線です。

3655 ブレインP
練習すれば経験値があがりますからね、
どう維持管理すればいいのかわかってきて
当然ですね。

練習すればするほど上手くなれます。
ものの上手下手があるものはなんでも同じです。

練習するから強くなれるし、
その延長上に稼げるようになれるんです。
継続監視してください。

ここをクリックして申し込む