Photo by Ramdan Authentic on Unsplash
to sum up
大阪府 Yさんの報告から

  1. 準備をしっかりしておいたものだけが、強いトレーダーになれる



高梨沙羅選手。
お見事でした。
メンタル面も、もちろん技術面も筋力面でも、
準備をしっかりして臨んだんだろうなと感じた。

この日に全ての照準を合わせ、
強い信念で乗り切った。

見習わなければいけませんね。


大阪府のY様から


先週のうちに、ポジションは全て解消。
昨年12月頃から、サンプルチェックを参考に、
移動平均線MA反発を主としたエントリーを
開始してから始めてのノーポジションとなりました。

直近は、4680ラウンドワンの、
三角保ちあい上抜けエントリー
2168パソナのMA反発エントリーが共に
-5%でLCになりましたが、
ここまでの成績としてトータル+46773円
+15%を達成したのはラウンドワンのみ
あとはMAX8%程度で、同値撤退、
資金管理の面からも途中で売り抜けての
3%程度の利食いとなりました。

11エントリーのうち、まともなLCは4つと、
急落での窓開けてのLCで想定以上の
損失になったことも考えると、
ここにトータル+となった要因があると思います。

優位性は確保できたのかなと。


>上手くやろうとして、
>上手くできるんでしょうか?

体が軽くなる言葉でした。
(途中省略)
先行きについては、新聞などではあまり
悲観的には見られていないように
感じるのですが、方向性が変わったのには
変わりなく、目先はリスクを半分以下にして、
短期的な値動きに対応する必要があると思います。

まずは直近でポジションを取っていた銘柄も
引き続き監視して、暴落時のサンプルをとっていきます。



いい感じですね。
この時期、慌てふためいてうろたえる人が多い中、
自分のトレードが実現できています。
自信を持っていいレベルです。


>上手くやろうとして、
>上手くできるんでしょうか?
> 体が軽くなる言葉でした。

普段やれることをきちんとこなしていれば、
それで十分だと言うことです。
しっかり取れるタイミングはいずれやってきます。
取れる時に一気に取って、乱高下の激しい、
決して簡単でない時には、プラスマイナスゼロで
乗り切ればいいだけのこと。

取れるタイミングで儲けられるよう、
準備をしっかりしておいたものだけが、
強いトレーダーになれるんです。

そして、もう一段上のトレーダーになるには、
今回の暴落を研究しなければなりません。

チャットノック第7回で私が出したヒントを参考に研究してください。
大きく儲けると言うよりトレンドフォローの弱点をカバーする感じです。


> まずは直近でポジションを取っていた銘柄も
> 引き続き監視して、暴落時のサンプルを
> とっていきます。

こういう経験を積み上げていくことです。
仕事として相場を見続けることです。
そして、考え続けることです。
そうやっていくうちに、
どこでエントリーしたらいいのか?

どこで撤退したらいいのか?

分かる瞬間と言うものが来るようになります。

そこまでくれば深く考えなくても、
チャートを見た瞬間に
わかるようになるんです。

近いうちに、ツーランク上の受講者さんの、
暴落時のチャート研究を紹介させてもらう
予定です。

大いに参考にしてみてください。

ここをクリックして申し込む