FXで参加の長野県I様からお便りをいただきました。


今週の配信でプログラムの配信が修了しました。
3か月あっという間でした。

新しい発見の連続で、投資の勉強をすることが
こんなに楽しめたことに感謝します。

机の前の壁に貼ってあるものがプログラムの
前と後ではガラッと変わっていることに
今気づきました(笑)

私は株ではなく、FXを行っています。
チャート分析の中で、テクニカルでFXには
ないものがありますが、 本質は変わらないので、
相場心理をどう読み解くか、本当に見方が変わりました。

毎回読んで、考えて、ノートにまとめての作業を
していますが、少し前の回を見返すと、
全然忘れていたことが多く、
まだまだ落とし込めていないので、
これからはプログラムを何度も復習します。

このプログラムが実践投資家になる為の
正しいやり方だと確信していますので、
継続して自分なりの投資家になります。

ひとまずは、ありがとうございますと言わせて下さい。
これからは結果報告や決意表明など
メールさせていただきます。
本当にこのプログラムを受講してよかったです。



何か一つでも役に立てるようなヒントがあれば
よかったと思います。

株もFXも人間がやっていることですし、
どちらにしても「欲」と「恐怖」
渦巻いている世界です。

本質は同じです。

外から見れば派手な世界のように見えるんでしょう。
私は少なくともそう見えていました(笑)
ですが実情は地味な作業の連続です。

それを続けられるかどうかが決め手になると思います。
また、よい報告をお待ちしています。

投資力養成プログラム

稼げる人と、
稼げない人。
その違いの一つに、ものの見え方がある。

マーケティングの世界で例えられる話しがある。
「アフリカに靴を売ってこい」との会社の方針。

一人の営業マン。
「うわ、誰も靴を履いてない。こんなところで売れるはずがない」
もう一人の営業マン。

「うわ、誰も靴を履いてない。全員に買ってもらえるチャンスがある」
どちらが優秀かはいうまでも無いこと。

これと同じで、稼げる人と稼げない人の差として、
同じものを見ても違って見えることがあげられる。

稼げない者は、高値更新なんか買えるはずがないと思い買わない。
稼げる者は、高値更新でも自分のタイミングなら買う。

稼げない者は、安値で放置されていると思い買う。
稼げる者は、安値で放置されるのは弱いからだと買わない。
このように、同じ者を見て真反対に見えているということ。
「投資力養成プログラム」が使えないと思う者。

「投資力養成プログラム」こそ実践家に必要なスキルだと思う者。
違って見えるからこそ、
実践家にとってはありがたい(笑)