Photo by Danny Wage on Unsplash

質問をいただきました。


私はFXに取り組んでおります。
この教材はFXにおいても役立つ内容でしょうか?
それはどの点においてなのか、
もう少し詳しく教えていただけないでしょうか?




株もさることながら、
FXに取り組まれる人も多いと思います。

FXであろうが、
株であろうが、
先物であろうが、
米国株であろうが、
あくまでも向こう側にいるのは  ですし、
売り買いの判断を下し注文ボタンを押すのも  です。

人が介在する限り、すべて心理が影響します。
そして、強い投資家として
知っておくべき心理は2種類。


  1. 向こう側の心理を読むこと
  2. こちら側の心理を把握しておくこと

1の「向こう側の心理を読むこと」は
チャート分析のことを言います。

同じチャートを見て、買いたいと思う人と
売りたいと思う人の総和がチャートとして
表現されています。

市場参加者の心理が作り出す、
三角保ち合い、ボックス保ち合い、
ダブルボトム、ダブルトップ、
三尊天井、逆三尊など型として
覚えるのは素人のすることです。


単なるパターンとしか見えていない
   ↓
フォーメーションから人の
心の動きが読めるようになる

   ↓
仕掛け時・手仕舞い時がわかる
   ↓
考えるトレードに慣れる
   ↓
投資家として成長する
   ↓
うまくなる
   ↓
儲かる投資家になれる



2の「こちら側の心理を把握しておくこと」は、
多くの投資家がやらないことです。

たとえば、行動心理学の中に
「サンクコスト効果」というものがあります。

時間やコストを掛けたぶんだけ
分析した銘柄に愛着を持ってしまい、
自分の選択に縛られることを言います。

値動きは、こちら側の意思をくみ取って
動いてくれるものではありません。

ですから、自分の選択が間違えば
さっさと間違いを認めて、
切らなければなりませんが、
「サンクコスト効果」の心理効果で
切れないわけです。


このように、
人を動かすのは「欲」と「不安」です。
その心理的効果を知って相場に臨むのと、
何も知らずに相場に臨むのでは、
違う結果が生まれて当然といえます。


  1. 向こう側の心理を読むこと
  2. こちら側の心理を把握しておくこと

この2つの側面のスキルを身に付けてもらうのが、
投資力養成プログラムです。

ここをクリックして申し込む