Photo by Mahir Uysal on Unsplash

O様よりお便りをいただきました。


お世話になります。
銘柄研究材料としてご紹介いただいた○○○○を
早速購入してみましたが、結果+7でひけました。


好調な出だしに喜んでおります。そこには、
チャートに基づいた明確な売買方針が示されており、
今まで様々な情報に振り回されて買いをいれていた、
自分が情けなくなります。

分析内容に、株価は為替に影響されるので、多少時間が
かかるかもとのご指摘がありましたが、○○○○の場合
為替はいくら程度であれば、安心して保有できるものなのでしょうか。

ご教示いただければうれしいです。

これまでに2回教材が送られてきましたが、非常にわかりやすく、
売買時の心理や判断の根拠が明確にされているため、なるほどと
ひざを叩きながら学習させていただいております。

同時にPDFの分析教材も送信いただけるので、学習内容を
即、実践に応用できるところも助かります。

もっと早く出会えたらと思う気持ちもありますが、いただいたご縁を
大切にしながら、投資スキルを磨いていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


貴重な感想ありがとうございます。

○○○○については、まだまだエントリーしたばかりですから、
この先が大事になりますね。

チャート的には、ここ最近上げすぎているので
いったん押しそうです。

エントリーされたとのことですが、逆指値だけは
絶対に入れておいてください。

これから先のプログラムで損切の重要性、優位性の概念、
勝率と損益比のバランスなどにふれていきますが、
何よりも初期段階で重要なのは資産を守ることです。

手持ち資金を減らさないことを第一段階の目標に
されるといいと思います。

くれぐれも損切だけは疎かにしてはなりません。

安倍さんの金融緩和策が、市場参加者の心理に
大きく影響して円安に振れてますね。

円高だったのは国内要因ではなく、海外の大規模な
金融緩和策にあります。

ようやく日本も諸外国と同じレベルの対策を
打てる日が近いなという感じです。

為替の影響で輸出企業の株価に影響を受けていることは確かですが、
どれもこれも雲をも掴むような感覚的なことでしかありません。

市場参加者にアンケートを取って調べるわけにもいきませんから、
本当のところは誰にもわかりません。

しかし、我々実践家が正確に把握できることが一つあります。
チャートです。

チャートが上に向いていれば、上に向いている。
下に向いていれば下に向いている。
誰も疑いようもない事実です。

我々は、この事実に基づいて判断し、
ポジションのコントロールをしなければなりません。
とは、言ってもある程度の予想も必要ですから、
私などは、2割の予想と、8割のチャートの真実が
売買の判断基準になっています。

ですから、為替がいくらでどうなるというのは、
あまり考える意味がありません。

為替を監視しながら、株価がどう動いたのか?
その動きに応じてチャートがどう動き、
ポジションをどう調整するのか?

これが実践家がするべきことです。
これらも、この先のプログラムで話題に上がります。
為替は参考程度として、あくまでも判断基準は、
チャートの動きです。


>これまでに2回教材が送られてきましたが、非常にわかりやすく、
>売買時の心理や判断の根拠が明確にされているため、なるほどと
>ひざを叩きながら学習させていただいております。


わかりにくいものや役に立たないものは、世の中に
たくさんありますから、そのような教材は、よそ様に任せます(笑
「自分が初心者の段階なら、こんな教材が欲しかった」を
形にしたものですから、わかりやすく書いたつもりです。
心理描写などわかりやすいものは、他にはありませんからね。


>もっと早く出会えたらと思う気持ちもありますが、いただいたご縁を
>大切にしながら、投資スキルを磨いていきたいと思っています。


出会えるタイミングだったんだと思います。
興味のない人にごり押ししても、のれんに腕押し、ぬかに釘、
馬の耳に念仏、豚に真珠ですから、意味ありません。

実際、多くの人にメルマガを発行していても
受講する人は十分の一程度ですし、1年ぐらいたってから
申し込まれる人も少なくありません。

何がきっかけになるか、わかりませんからね。
タイミングだと思います。

ここをクリックして申し込む