みんな、こうやって騙される

「機関投資家が・・・」という興味をそそられる売り文句だったので資料請求してみた。
もちろん無料。

資料は即いただけたものの、なんと、その日のうちに3通もセールスのメールもいただいた。
その日だけじゃない。毎日毎日毎日毎日毎日3回ずつ送ってくる。

  • お前の運用資金はいくらだ?
  • 長期運用か?短期か?
  • お前の投資歴はどのくらいだ?
  • 名前を教えろ、住所を教えろ

とアンケートに答えよという。
この圧力感は半端ない。悪徳金融の取り立てと同じだ。まるでナニワ金融道(笑)

「気持ちが熱いうちに会員にしてしまえ」というマーケティング手法だからだろうが、この押し付けがましさは相当気持ち悪い。女子アスリートの金メダルをニコニコしながら平気で噛んでしまう、どこぞの市長ぐらい気持ち悪い。とは言っても、配信停止にはしない。メルマガのネタにできるから(笑)


要するに銘柄情報配信会社なのだが、「情報が膨大だから儲けられる」とか、「人脈が豊富だから情報が確か」という。

嘘つけ!

「機関投資家が儲けるノウハウ」を持ってるなら、自分たちだけで運用して儲けたらいいのに、それはやらずに顧客から情報料を巻き上げる。どう考えてもおかしい話だ。

自分達だけで儲ければいいんじゃないの?
株価が上がる情報を知ってるなら、私なら柳井さんや孫さんクラスの大金持ちになる自信があるが、その情報会社は儲かる銘柄を人に教えてやると言う。


なんと親切なのだろう。素晴らしい企業ではないか。
自粛要請で営業できない飲食店を救済できるではないか。
なにかとお金が足らないシングルマザーを助けてあげられるではないか。

生活保護を受けている人を、行政に頼らず一気に大金持ちにしてあげられるではないか。
素晴らしい企業だ。金メダル級の企業理念だ。


でも条件がある、「明日上がる銘柄がわかるなら・・・」(笑)
実は奴らは、明日上がる銘柄がわかる仕組みを持っている。

仕組みはこうだ。

無料会員登録をすると、¥銘柄情報が配信されてくる。そこでは多少儲けさせてくれる。また流れてくる。また儲けさせてくれる。何度か続くと、有料会員になれば、もっと有益な情報が配信できると言ってくる。

無料会員で儲けさせてくれるのだから、有料会員になれば、もっと儲けることができると誰もが思う。そして、何十万も会費を払う事になる。
すごい情報が流れてくると思いきや、なぜかいつも天井を買う事になる。


ピラミッド構造をイメージするといい。
テッペンから、

組織の仲間
 ↓
ビップ会員
 ↓
有料会員
 ↓
無料会員
 ↓
無料掲示板など

という感じで時間差で情報が流れる。

もうお分かりの通り、奴らが既に仕込んである株を、推奨銘柄として情報配信する。
無料会員が買う頃には、仲間やビップ会員は売り逃げていて、既に結構な利益を手にしている。

ピラミッドの高い所にいる者から順番に株を買い、株価を釣り上げ高くなった頃に底辺にいる無料会員に売るという仕組みだ。

よく考えればわかる。
買った株は値上がりするから儲かる。
そして、
高くても買ってくれる相手がいるから儲かる。

仲間やビップ会員が買った後、有料会員が買うからさらに株価は上がる。
十分高くなったら無料会員や一般会員に情報を流し、持っている株を売りつける。

では、無料会員や一般会員が買った株は誰が買うのか?

そんな間抜けはいない。なぜなら、最も間抜けな種類の人達がバカを見る仕組みになっているのだから。

新規無料会員登録した人には、最初の1、2回ちょっとだけ早く情報を流す。

ちょっとだけ早く情報を流せば、ちょっとだけ儲けが出る。ここの情報は無料でも儲かると思い込ますためだ。
ちょっとだけ儲かったら、もっと儲けたくなるのが、投資をやる人の心理。

強欲なのである(笑)


実に見事なスキームだ。
奴らは、株で儲かり会費で儲かる。
つまり、二重で儲かる。よく考えられた仕組みと言える。

狡猾に仕掛けられた情報戦に、情報弱者の大衆投資家がまんまと仕掛けられ、お金を吸い取られていく。
銘柄情報提供会社にとって新規会員獲得が儲けの種だ。
何しろ、自分たちが仕込んだ株を買ってもらわないといけないから。

日に3通もセールスメールを送りつける気持ち悪い行動の理由はこんな感じだ。


誰かが「買え」なんて言っているのにはワケがある。
銀行や証券会社が投資信託を買えと言うのも、本質的には同じだ。

表向きの取り繕った綺麗なセールス文句を見て、惑わされているようでは、相場の餌で終わるだけだ。

明日上がる銘柄がわかるのは、そのように仕組まれているから。儲かり情報を人に教えるのは、仕組みを維持するため。
日に3通もメールを送りつけるのは、情報弱者を取り込むため。


おっと、またメールが来た。

明日上がる高騰銘柄を教えてやるから、「アンケートに答えろ」だそう(爆笑)

投資力養成プログラム

投資力養成プログラムは、2010年7月からスタートし今年で11年になります。その間5,500名を超える受講者さんにご縁をいただき、稼げるトレーダーを多数輩出してきました。
コーチングの技術を採用した実践投資家が、売買の練習の添削を行うことで、いち早く稼げるトレーダーに成長できます。