なぜ、アドバイザーなんかやってるのか?

客

トレードで稼いでいるなら面倒なことなどやらなくてもいいのでは。本当は稼げてないんじゃないの?

と、言う人もいます。

私も反対の立場なら、同じように考えた事でしょう。

実践投資アドバイザー

私の人生のミッションは、「人生を変える機会を提供すること」縁をいただいた受講者の皆さんに全員稼げるようになってもらうこと。そのために全力で応援すると決めています。

トレードは素晴らしい仕事です。
日本は紛れもなく資本主義社会であり、経済を支える根幹をなす株式市場を通じてお金を稼ぐ事ができるようになれます。そういう意味からもトレーディングはもっともクールなスキルです。

トレーディングスキルが回り始めたら、坂道を転がるが如く回転が止まらなくなるのです。一日数時間程度のチェックと点検で済んでしまい、後は全て自由時間。素晴らしい仕事ですが、誰と会うこともなく、時間を持て余す実に退屈な仕事とも言えます。

さすがにまだ引退する年齢でもなく、投資教育事業は私にとってはちょうどいいのです。
受講者さんから学べることも多く、スキルは未だに進化している状態です。

それと共に、受講者さんがお金の呪縛から解放されて、その周りの人も幸せに巻き込んでいけるなら、この日本の将来も捨てたものではないと思うわけです。

株式市場やFX取引に参入したほとんど全ての人が、マニュアルをコピーしただけの知識で参戦しコテンパンにやられ砕け散ります。

知識は未熟で、正しい技術を習得しないまま大金を失うのです。
しかも、勉強熱心な人が多いので、投資本を買い漁り、高額なNET教材を買ってみたり、カリスマのDVDに頼り、セミナーに参加し、街の投資教室に通い、散々搾取され続けることになります。

世の中にはたくさんの投資を学ぶ機会が溢れているのに、現実問題として稼げている人はほとんどいないことがその証拠です。

人の向上心をうまく利用し、合法の特殊詐欺をやっているようなものです。
私も多額の資金を注ぎ込み学びましたから、勉強熱心な人の気持ちもよくわかります。

私は、いよいよ家を手放さなくてはいけなくなった寸前に、ある人を紹介してもらい、相場の極意や考え方を学ぶ機会を得ることができ、どん底から脱出することができました。

そこで思ったのは、

実践投資アドバイザー

考え方からきちんと学べる学習教材があったらどんなに楽だったか


それを形にしたのが投資力養成プログラムです。

投資で稼ぐ力をつけたいと思う人は少なくないです。
ましてや、コロナや少子高齢化など、働く形態の変化が押し寄せてきています。

新規口座開設数は増えに増えまくり、それと同時に新規参入者を食い物にしようという連中もドンドン湧き出しています。


トレードをお金を生み出すスキルになる。
そういう人たちの少しでも役に立ちたい。
お金がないばかりに辛い思いをする人を無くしたい。

だから、私は一人でもプログラムで考え方からきちんと学べる学習教材をスタートしました。

私はこのプログラムで実践投資家になり人生を変える機会を作りたいと思っています。
縁をいただけた受講者さんには全員稼ぐようになってもらおうと決めています。

この際ですから、強い実践家になってください。
全力で応援します。

すでにその域に達している人から教えてもらうこと

東京都のSnさん

人物man

年1000万円以上稼ぎ 、サラリーマンを辞め、 投資家として成功し、投資家として生きていく、と言う目標に、心の迷いや揺らぎは全くありません。

私の場合、住川先生にご縁を頂く前から、絶対に投資家(株に限らず)、又は起業家として成功したいと思い、行動していました。少なくともサラリーマン以外の、自分の実力で金を稼ぐ術を身につけたい、そう思い行動していました。

投資に限らず、色々なセミナーにも参加しました。(20万円するせどりセミナーとか行きました。今思えばいいカモですね。)ただ、起業に関しては自分でやりたいことが見つからず挫折しました。(正確には、起業のための自己分析で、やっぱり株式投資で成功することが自分のやりたいこと、と言う結論が出ました)他の投資(不動産投資)はやっていますが、種銭が無い私のような人間は、銀行にローンして不動産を買わなければなりません。銀行はお金を貸してくれるのですが、お金を貸してくれるのは私ではなく、サラリーマンと言う私の勤めている会社の信用に対してなので、自分の力で稼ぐとなると違うな、と思っています。

そして何より、株、FX、先物など、値動きのあるものへの投資が好きでした。場帳を書いたり、チャートを手書きしたり、チャートを印刷して見たり、リズム取り、うねり取りの売買練習をしたりと、色々やってきました。

自分の力で、種銭があればそれを自分の力で増やしていける力、つまり株式投資で稼ぐ力が欲しかったです。

cisさんの言葉ですが、「資本主義は人類史上最高のゲームかもしれない。」本当にそう思いますし、特に資本主義の中でも株式投資は最高のゲームだと思います。そして、このゲームで絶対に勝たなければなりません。

ですから、私の中に迷いはありませんでした。無かったのは、迷いではなくどうやったら投資の力が向上するか?その道筋だけでした。今は住川先生のプログラムでその道筋が見えているので、迷う事は全くありません。

でも、日々別の迷いはあります。
例えば、今の会社は残業があり、泊りの出張もあり、投資を勉強する時間や、日誌(チャート)を印刷して書いたりする環境を邪魔されることが嫌で、転職したいと思う迷いはありました。

妻にその話をしたら、「あと2年もしないで年1000万円稼ぐんでしょ?2年なんてあっと言う間だから、転職なんかしないで今の会社で我慢しちゃえばいいじゃん。」と言われ、確かにな、と思ったのがつい先日です。

アファメーションを毎日読み、ザシークレットのDVDを何回も見て(妻にはこんなの見て頭大丈夫?と罵倒されます)、今は、投資家として成功できている自分が見えてきています。
迷いはありませんが、いい意味での焦りや、向上するための方法についての迷いはしょっちゅうあります。もっと効率の良い勉強方法や練習方法があるのでは?という迷いがあります。こんなシナリオでいいのかな?迷います。相場日誌、これでうまく書けているのかな?迷いの連続です。

でも、迷いがあるから日々改善していかないといけませんし、迷いのおかげで (ものすごく少しずつですが) 改善できているのだと思います。

まだ全て読めていませんが、
「超一流になるのは才能か努力か?」
フロリダ州立大学心理学部教授
アンダース・エリクソン 著
を読んでいます。

今までは、天才、センスだと思われていた一部の人が持っている、我々凡人から見ると特殊とも思える能力は、実は正しい訓練方法を積めば誰でも習得することが可能、と言う内容が書かれていました。

例えば絶対音感。
日本の榊原彩子氏が行った実験によると、2歳から6歳までの子供24人全員に絶対音感をつけさせることに成功したそうです。(絶対音感は1万人に1人の割合)その能力を習得することが簡単な年齢はあるようで、例えば絶対音感は、3歳から6歳頃までに音楽教育を受けた人の割合が圧倒的に多いと書かれていました。

つまり、正しい道筋(勉強方法)をすれば、だれでも天才の域に達する。但し、その域に行くためには目的を持った学習(自分のコンフォートゾーンから抜ける)を行い、その学習方法は自己流ではなく、すでにその域に達している人から教えてもらうことがキモのようです。(もちろん、圧倒的な勉強時間も必要です)

そう考えたら、投資で金を稼ぐ、と言う普通の人から見ると天才とかセンスのように思える能力は、目的を持った学習(チャートノック等)を行い、すでにその域に達している人から教えてもらうこと(住川先生のプログラムに参加)なのかな、と思いました。
いろいろな投資の本を読むと、投資家で成功するための年齢は関係ないと思います。
住川先生のプログラムでの成功者の方も、定年後の方もいれば、定年間近の方、20代~30代の方、いろいろいらっしゃると思います。
投資家には、能力を習得することが簡単な年齢はないかもしれませんが、能力を習得することが簡単になる失敗(全力ナンピンして逆行して大損して投げる)はあると思っています。
これの逆をやればもうかりますから。

(必須ではないですけど)過去逆張りで大損していて、住川先生のプログラムに参加し、チャートノックを(たくさん)行うこと。
これができれば稼げる投資家になれるのですから、やはり続けることに迷いはありません。

話が脱線してしまいましたが、結論です。
投資家として成功するまで継続することに迷いはありません。
より高見を目指す投資家になるためにどうすればいいかは日々迷い、考え、(本当に少しずつですが)改善しています。

日本人はマニュアル大好きコピペ人間

>効率の良い勉強方法や練習方法があるのでは?という迷いがあります。

大いに迷ったらいいんです。その中からキラッと光って見えてくるものがあります。


日本人のほとんど全てと言っていいほどの人がマニュアル大好きコピペ人間なんですよ。

人生の一番多感な時を、誰かが用意した答えを覚える事に費やし、今ではgoogle先生に聞けば瞬時に出てくることまで覚えさせている。たくさん記憶する事が正義で成績がいいとされた。真面目な人ほどマニュアル大好きコピペ人生を歩む事になってしまうわけです。


相場の世界ではどうか?
マニュアル大好きコピペ人間が多いほど、実践家は稼ぎやすいんです。

だって、マニュアル通りに動くんですから、こうなったら買えばいい。こうなったら投げ売ってくるという事が実践家ならわかるじゃないですか。


では、立場を変えて大口の機関投資家などはどうしてると思いますか?

自分が儲けるには、誰かから安く買わないといけないんです。
買ったものは高く売らないといけない。



で、誰から安く買うか?
誰に高く売るのか?

だいたいわかるでしょ。

マニュアル大好きコピペ人間は、常識通りに行動するんですよ。
その事を知っていれば、大衆投資家を刈り取る事はめちゃくちゃ簡単。


マニュアルを覚える事が相場で勝つことではありません。
一歩突っ込んで、マニュアル大好きコピペ人間はどう動くだろうと考え、だったら自分はこう動くとシナリオを描ける人が勝つんですよ。




それをするために、

脳味噌から汗が吹き出るくらいチャートと向き合い思考を深め、散々悩んで維持管理の軸に育て上げていくこと。

身を削りあらゆる可能性を試し、不格好でも自分の目でチャートを捉え自分の頭で考える経験を持つ者こそが強くなれるんですよ。

ボロボロになりながら頭と身体で理解できるまで基礎を繰り返し、維持管理することの本質を知る力が、実は誰にも真似のできないトレードを生み出す素地になってきます。


ほんの数%の者だけが、巨万の富を得られる世界です。マニュアル大好きコピペ人間ではダメなんですよ。
マニュアルにはマニュアルを作成した人の思惑や狙いが入り込んでいて、マニュアル信者をコントロールするための指示書に過ぎません。

>投資で金を稼ぐ、と言う普通の人から見ると天才とかセンスのように思える能力は、
>目的を持った学習(チャートノック等)を行い、すでにその域に達している人から
>教えてもらうこと(住川先生のプログラムに参加)なのかな、と思いました。

私のアドバイスに価値があるわけではありません。自分の知りたい答えは、自分で見つけることに価値があると思うんです。