実践投資アドバイザー3

7月で投資力養成プログラムをスタートして11年目になります。30名強の受講者さんへ投資力養成プログラムの感想をお願いしましたところ、続々と感想を寄せられています。

以下の通りです。

投資力養成プログラム感想

10ヶ月間、ほぼ毎日学び続けられている

和歌山県のYさん

人物man

『投資力養成プログラム』10周年おめでとうございます。

私は、2019年9月から、90日間学ばせていただき、約10ヶ月が経過した現在も、学びと練習の日々です。まだ本格的な実践トレードはしていません。昨年の9月、ここまで深い学びになるとは、思っていませんでした。自分の目標が明確になり、そのためには投資力をつける必要があることが分かり、100%自分のために学んでいます。

100%自分のためになるということが分かるって、すごいと思いませんか?それまでも、OOプログラム、OOセミナーに参加してきましたが、10ヶ月間、ほぼ毎日学び続けられているのは、「投資力養成プログラム」だけです。

成功する人は、自分で修正できる失敗をいっぱいする人。人は、失敗やミスから学ぶ。私も、成功するための失敗をもっと出来るようになろうと思います。「投資力養成プログラム」に出合うまで、他社のプログラムで学んでいました。最初のころから稼げないかもしれないと思いながら、5ヶ月間続けましたが、簡単に言うと、その時の先生の考えに動かされているだけで、自分の考えがありませんでした。なので、稼げなくて当然です。

「投資力養成プログラム」では、自分で考えて行動できるように、導いてくれます。そして、心から応援してくれます。同じプログラムで学んでいる、参加者の方々の考えを知ることができるのも、大きいです。ここで学んで投資で稼げないなら、自分が悪いと言えます。

私は、この10ヶ月間、仕事と投資の勉強と練習中心の生活です。最近、習慣化してきたと実感しています。もちろん続けるために息抜きもしますが、毎日少しでも進化すると決めています。できていないことを考えるよりも、できることを少し進めてみることを考えるようにしています。

成功するためのシナリオを組んでいける

京都府のMさん

人物man

おそらく,ここにたどり着いている方は『楽して儲けたい』と考えていることでしょう.何も知らない“ど素人”時代の私も,『楽して儲けたい!』と株取引を始めました.少しずつ学習し内容を知るようになると事実は壮絶的なものです.新規参入者のほぼ100%は半年以内に資金を溶かし,素人が欲望むき出しでエントリーしても勝ち残れる確率は絶望的ものです.ほぼ0%に近い数字で資金を失うそうです.

マーケット(株売買している人)を動かしているのは機関投資家とよばれる莫大な資金を顧客から預かって運用しているプロの精鋭達で分析班を含んだチームで構成されていたり,個人では幼少の頃から投資という教育が染みついている外国人投資家など.そもそも,マーケット参加者の精鋭たちは昨日,今日始めた人たちとは違うのです.

なのに,ニュースやネットで『今は○○が狙い時,今が底値これから爆上げ!?』などといった誘惑だらけのうたい文句が謳歌しています.マーケットへ素人参加者をおびき寄せる撒き餌のようなものです.ほとんどの個人投資家は資金を吸い上げられている事実をとらえるとどう立ち向かえば良いかわかります.

事実が物語っているように気分で売買しても絶対に儲かるようにはなりません.エントリーする前にシナリオをしっかり立てて,許容できる範囲での損切を設定し,徹底する.市場と抗っても絶対に勝てませんから,長いものに巻かれて乗っかる(トレンドフォロー)自分のシナリオに自信がつけば,気になりすぎて日中スマホで株価を凝視しながら過ごすこともしなくなります.意識されにくいですが,メンタル的コントロールも必須です.

個人投資は相談相手がいません.やり方もわかりません.簡単に市場参入はできますが,資金を失っている事実があります.では,どうすればよいか.勉強・鍛錬すれば良いだけです.

投資力養成プログラムでは この辺りをすべて網羅しています.メールサービスで
個人投資家の悩みを相談できます.家族や友人にはできない株話もプロの目線から指南,叱咤・激励して頂けます.(厳しい内容の時もありますけど…)投資に関する内容が1から100…以上すべて含まれています.

受講生たちの悩みや相談を特別実践レポートという形でシェアして頂けます.特別実践レポートでは孤独な個人投資家の悩みが詰まっています.「自分だけが悩んでいるじゃないんだな」「そんなやり方があるのか」と気づかせてくれます.  

運営者の住川様も一旦は大きく資金を溶かした後,相場で成功された方です.資金が溶けていく気持ち,成功のきっかけを理解されている方です.ここで,疑問が生まれました.「なぜ相場で稼げるのにこんな面倒なプログラムやってるんだろう,適当に受講生を集めて資金集めてるんじゃないか」と思いました.内容を進めていくと出てくるのですが,住川様が資金を溶かしていた時に出会った師匠がチャート仙人と思われるほどチャートと向き合っていて,それを実践することで自分が幸せになれた.そのきっかけを他の人へおすそ分けしていく,自分のキャンドルを他人へのキャンドルへ移していくような「幸せのキャンドルサービス」を実践されているようです.私は受け取れたと思っています.

資金を溶かす前に,投資力養成プログラムを通じて,まずはしっかりと勉強することです.今すぐエントリーしたくなりますが,マーケットはいつまでも続きます.続く限り儲けられるタイミングはいつでも来ます.他の教材では“今が買い時!○○に注目,○○すれば必ず儲かる”といった教材も見受けますが,やめといた方が良いです.まずは,自分自身がプロ中のプロと戦えるだけの実力をつけることです.丸腰で相場に挑んでも瞬殺されます.

他の教材にあるように他力本願で教えてもらった内容では“絶対もうかる方法”はありませんから損を経験した時には納得できません.人のせいにしてしまいます.人のせいにしても資金は戻ってきません.相場ではすべて自分で決定し維持管理する必要があります.努力を伴い大変な作業ではありますが,成功するためのシナリオを組んでいけるのは投資力養成プログラムしかないと思っています.

特に,チャートノックでは“根拠”を明確にできます.チャートノック100回を真剣に向き合い進めていけば相場で生き残れるきっかけをつかめます.これがすごいんです.チャートの意味が見えるようになります.エントリー,損切,利益確定などのシナリオを構築できるようになります.続けていくと自信がつきます.確率の問題で稼げるようになってきます.自信がつくと四六時中マーケットを監視しなくても他のことに集中できます.

入り口は“楽して儲けたい”でも構いませんが事実は違います.投資力養成プログラムは大変な作業にはなりますが,結果的に相場で生き残れる実力をつけられる一番の近道となります.最初に出会えた方は幸せです.

資金もコネも学力もない一般市民が頭一つ抜きに出た生活をする一番の方法は株取引しかないでしょう(受講すると出てきますが,ピラミッドから抜け出す方法).投資力養成プログラムを受講し稼げるようになるため,自分自身も努力中です.でたらめトレードしていた時期の確定損が足を引っ張っていますが,チャートノックを続けた先では儲けられずとも,負けないトントンでのトレーダーになれています.トントンでもすごいんです.参加者の95%が資金を溶かす相場で生き残れています.きっかけをつかめています.これから稼ぐために淡々と仕事のように作業していくだけです.

皆さんも一緒に受講し稼げるトレーダーになって,幸せのキャンドルサービスを分け合っていきましょう.

私の意識と取り組む姿勢が大きく変わりました

神奈川県のAyさん

人物man

私は「投資力養成プログラム」を学び始めて1年11カ月になります。過去に証券会社の営業マンに勧められるままに新興国債権に投資し、その新興国通貨が為替の下落で大損を食らい、投資というものは他人の口車に乗ってやるものではなく、自分の考えをしっかり持って取り組まなければいけないと認識したのが、この「投資力養成プログラム」を学ぶことにしたきっかけでした。この1年11カ月間に学んだことでトレードに対する私の意識と取り組む姿勢が大きく変わりました。

何が変わったのかというと、1番はトレードに対する真剣さです。それまでは、新聞・雑誌からの情報や他人の話を聞いて何となくある銘柄を買うようなことが在りましたが、エントリーする時に必ずチャートを見てエントリーの可否を判断するようになりました。

今がエントリーするタイミングなのか、月足、週足、過去の高値・安値、上値抵抗線をブレイクしたか、下値支持線で反発したか、三角保ち合いをブレイクしたか、短期・中期移動平均線と株価の関係はどうなっているか等々、エントリーのタイミングを計るための自分なりの基準を作ることが少しずつ出来てきました。また損切も散々失敗もしましたが、仮にLCがヒットしても必要経費として受け入れることが出来るようになりました。

これらはそれまで素人が、株の取引きを1-2冊の本をかじった程度の知識でやっていたころと比べると大きく成長できたところです。勉強を始めて1年間は、ほとんど実戦取引をせずに、もっぱら送られてくるチャートノックをこなすのが精一杯でした。3日おきに送られてくるチャートノックは、なかなかレポート提出が追い付かず嫌になってしまうことも度々有りましたが、100回を達成できた時はホッとすると同時に達成感も感じましたし、これが終わりではなく、ようやく実戦のスタート台に立ったと意識しました。

私自身のチャートノックのレポートの出来は決して自慢できるものではありませんでしたが、時々送っていただく他の受者の方々の模範解答は素晴らしいもので、こういう視点で、ここまで考えてチャートを見て、実際の取引に活かしていくんだと感心させられると同時に大いに参考になりました。

チャートノックは、ケーススタディとしていつでも自分で取り組めるもので、自分のトレードを振り返り、もっと別のやり方はなかったのかと反省し、改善していくことにも大いに役立っています。

また、毎月の送っていただく特別実践レポートは、他の受講者の方々の貴重な成功体験、失敗体験、悩み、現状、考え方、注目銘柄等々、沢山の情報満載で、日ごろのトレードは自分一人で行う孤独な活動ですが、同じ受講者同士で体験共有、悩み共有、思考共有ができる情報の宝庫です。また自分の書いたレポートが掲載されていると、恥ずかしさとともに一寸だけ嬉しさも覚えます。

月々の活動報告を提出すると、住川様から適切なコメントや叱責、あるいはご指導をいただき、回数無制限で質問にも対応していただけるのは大変ありがたく感じています。学び始めて間もなく2年ですが、最近ようやく利益も出せるようになってきて、少しだけ自分でもやれるんではないかという自信めいたものができつつあります。しかしここまでこれたのは、適切な指導をしていただく住川様の「投資力養成プログラム」と出会えたからです。今後も引き続きご指導いただきたいと思っています。
よろしくお願いします。

努力することをいとわない人にはとても優しいプログラム

愛知県のKさん

人物man

1年半前、わらをもすがる思いで投資力養成プログラムを受講しました。根拠なく単なる勘でエントリー、大きく損を出してしまっては後悔、その繰り返しでした。

「これはもう誰かに教えを乞うしかない。」そう考えていろいろ探してみるのですが、どれもこれも怪しそうで仕方ない。そしてバカ高い。投資力養成プログラムのHPには他と違う何かがあった。絶対もうかるなど大げさ過ぎる表現はなく、投資理論がしっかりしていて講師の方はFPの資格を持っている。自分もFP資格を持っているが、FPはお金はあくまで生きるための道具であることを教えられる。おそらくは単に儲けりゃいいという考えではない。

そしてちょっと割安感も感じたので受講してみようという気持ちになりました。受講してみてびっくり、「あなたの信念は何ですか?」こんな質問が来ます。投資で成功するには単に投資技術を覚えるだけではうまくいかない。心を勉強しないといけないわけです。こういうサインでエントリーするという本を読んでもいざPCの前では感情で取引している自分を思い出し、ついつい納得してしまいます。心の勉強、投資技術の勉強、この両輪で儲けられる自分になります。

そしてチャートノック、株取引で練習をするなんて思いもしませんでした。自分の分析を見てアドバイスをもらえる、他の方の分析を見せてもらえる、疑問点には何度でも答えてもらえます。おかしなことをすると、短い言葉でコメントが返ってくる。メールの行間に大事な何かが隠れている。最初はこの意味を考えるのもひと苦労ですが、何と言っても、これで鍛えられるのです。同じチャートを見てもみんな解釈が違う。だからこそ自分で考えることの大切さを教えられているわけです。

さらに素晴らしいのが特別実践レポート、他の受講者さんとのやり取りをまとめたレポートが月1回発行されます。これが本当に宝の山で、たくさんの考え方を知ることができ、「みんな同じようなことを悩んでいるんだな。」と心の支えにもなり、時々ものすごく重要なポイントがさらっと書かれている。

最初はその重要性がわからなかったのですが、なぜか勉強しているうちにわかるようになってくるのです。現在私自身は実戦を始めて数ヶ月、タイミングもあって大きな利益は得られていませんが、昔のようにあっという間に資金が減っていくこともない。それは大事な考え方を身に着けて、練習に練習を重ねたからです。

まだまだ勉強することはたくさんありますが投資力養成プログラムがあったからこそ今の自分があります。このプログラムは努力することをいとわない人にはとても優しいプログラムです。努力なしで簡単に儲けたい人にはとても厳しいプログラムです。

受講すればこの意味がよくわかります。儲けたお金を何に使うのか。そこまで考えさせるプログラムは他にないでしょう。人生の転機となり得るプログラムだと思います。

自分自身で考える事で初めて完成するプログラム

大阪府のKさん

人物man

思えば私も去年の7月から謎のメール⁈(笑)を頂いて、お試しのプログラムからお世話になり、1年になるんですね。本当にラッキーだったと思います。今まで2つの投資スクールを経て、その間にもいくつかの投資本を読み、3つ目がこのプログラムであった事が本当に良かったと思います。そしてこれが最後にお世話になる、そして一生お世話になるプログラムだと感じています。

住川様には、ビデオやセミナーでお会いする事も無いのに、ここまでのプログラムの内容は凄い事だと思います。最近のコロナ渦でリモート授業とか言われてますが、それ以上に凄い事だと思っています。もし、住川様が中学・高校教師だったら、あるいは塾の先生、ダイエットインストラクターだったら?どれを受けても、私は大学にも行ってたかも知れないし、痩せる事もできるだろう…と勝手に思っています。何よりこのプログラムを個人投資家の為に確立して頂きありがとうございます。成功目指してチャレンジするだけです!
以下感想です。

投資力養成プログラムを受講して

私は2019年8月からこの投資力養成プログラムを受講し、10ヵ月になります。株式投資の勉強歴(笑)は3年以上になります。このプログラムへの最初きっかけは3ヵ月のお試しコースで、「どんなプログラムなのか?2万円ならお試しでやってみよう」という軽い気持ちでした。その当時は他の投資スクールで勉強していたものの、1年経ってもいまいち利益が出ず、エントリーするタイミングしか考えていませんでした。

(今思えば)自分の中での戦略や、ルールも無く、スクールに參加していればいつかは株で勝てるようになる、他の人より努力が少ないと思っていました。なので、浮気心でお試しのプログラムを受講していたのですが、通勤電車の中でプログラムを読み進む内に、このプログラム主催の住川様は今までの投資スクールの講師とは使命感が全く違うと感じました。

技術的な事はもちろんですが、それだけでは勝てるようにはならない…と細かく、丁寧に、そして根気強くあらゆるアプローチ法で、教えて頂いてます。何より、個人投資家を一人でも多く勝てる投資家にしたいという思いが伝わってきます。巷にいる沢山の投資のプロと言われる講師のほとんどが利益の為にスクールを経営しているとしか思えません。どんなに探しても、こんなに手取り足取り教えてもらえるプログラムは無いと思います。今までの投資スクールでは講師に一対一で教えてもらう事はなく、セミナーに出たり、ビデオを観たりでインプットだけの授業でしたが、

このプログラムはインプットとアウトプットのバランスが絶妙で、教えてもらう事と同じくらい、あるいはそれ以上に自分自身で考える事で初めて完成するプログラムだと思います。しかも受講費のみで、特別セミナーに参加したり、ビデオを観たりという事が無く、(追加の費用が要らない)定期的に出される課題や、チャートノックという市場参加者の心理や資金管理を体得する練習をする事で、エントリータイミング以上に大事な事がたくさんあり、以前に見えていなかった事が見えるようになりました。

自分で言うのも何ですが、エントリータイミングはそこそこ上手くいくのですが、コンスタントに利益を伸ばす事(方法)が分かりませんでした。資金管理法も初めて教えてもらいました。そして、このプログラムの最大の特徴は他の受講者の方々のレポートをシェアしてもらえる事です。同じプログラムで学ぶ仲間のレポートを読む事は貴重であり、このおかげで理解力のスピードが速いと思います。

本物の投資の学びがこのプログラムにあります。諦めなければ、必ず実を結ぶと約束してくれます。

株式投資で大きく稼ぐための本質が散りばめられている

神奈川県のSmさん

人物man

投資力養成プログラムにたまたま運よく出会ってからというもの、日常生活のあらゆる面において考え方が前向きに変わってきました。

プログラム内容に関しても株式投資については勿論のこと、あらゆることに対して物事の核心に触れており、また特別実践レポートでは他の受講生の方の考えに触れることもできたり、小手先のスキルではない株式投資で大きく稼ぐための本質が散りばめられています。個人的にはまだまだ道半ばですが、もし独学で投資をやっていたら、こんな深い思考にまで到達できていないばかりか、多分、とっくにわけもわからず消えていたと思います。真剣に継続してやっていこうと考えている方でしたら冗談抜きで最高なチャンスだと私は思います。以上になります。

繰り返し語られているのは、投資に対する姿勢、考え方や信念

東京都のWさん

人物man

投資力養成プログラムを開始して、ちょうど一年が経過したところで、チャートノック100回を達成することができました。プログラムの課題である100本チャートノックでは、シンプルなエントリーポイントから始まって、トレンドフォローで利益を上げるために必須のスキルであるポジションの維持管理を学びました。毎日のロウソク足から相場の勢いを読んだり、移動平均線の位置や傾き、前回安値・高値、株価の節目などを見ながら今後の動きを推測して、次の行動を起こしていく方法を学んだことは、自分にとって毎回新鮮な経験でした。

プログラムを始める前に私に見えていたチャートは、ただ上昇している、下落しているという流れのみでした。だいぶ下がったからもう底だろうから買ってみようなどと、全く根拠のないトレードをしていました。あのままでは、まさに破産への道を歩いていたと思います。また、回を増すごとに、様々なパターンのチャートが課題として出されるので、維持管理に求められるスキルも高くなったと思います。途中は困難を極めましたが、今考えると、実践でどのようなチャートでも対応ができるように、経験値を積む機会がプログラムに用意されていたのだと思います。そして、増し玉や両建てのタイミングや、損切ポイント、逆指値の設定など、一律の知識を超えて、どうやってこの波を乗り越えることができるかを自分の頭で考えることが求められていることが分かりました。

「自分で考える」ことの理由は、投資には一つの答えというものはなく、トレードで勝つためには自分で答えを出すしかないという、相場の厳しさにも気づかされました。また、チャートノックの課題で一貫して強調されるのは、「チャートから投資家の心理を読む」ことです。いただいた課題の添削では、ロウソク足から読み取れる投資家の大衆心理について繰り返しアドバイスをいただきました。私は目先のロウソク足に気を取られて、大衆心理を忘れがちなので、まだまだ訓練が必要と感じています。

もう一つ、投資力養成プログラムで大きな学びを得ることができるのは、毎月発行される70ページほどの「特別実践レポート」です。(過去数年に渡るレポートも膨大な量です。)レポートには他の受講者のみなさまが経験したこと、考えたこと、そして住川先生からのアドバイスが公開されているので、独りではとても体験しきれない、トレードでの成功や失敗の話や、全く新しい気づきや知識をもらえます。

ここまで考えると、プログラムの最初に始まる16回の「テキスト」、「100本チャートノック」と「特別実践レポート」と「実践投資家への道」がプログラムの柱になっていると思います。

そして、この大きな柱の中で一貫して、繰り返し語られているのは、投資に対する姿勢、考え方や信念です。だから、テキストを読み、チャートノックをこなし、実戦レポートを読むうちに、プログラムの目的である、相場で成功するための考え方、信念の持ち方、姿勢が徹底的に心に刷り込まれてきたと感じています。言葉足らずですが、私なりに理解したことを表現すると以下のようになります。

  • 投資を事業として考える
  • 投資で成功するための信念を持ち続ける
  • 大衆の心理を読み取る姿勢を持つ
  • 自分を知る態度を持つ
  • 自分のルールを作る
  • 優位性を確認したルールを実行する精神力を持つ
  • 検証と徹底した資金管理が成功のかなめ
  • あきらめなければ必ず成功する

16回の「テキスト」と「特別実践レポート」は一度読めば終わりというものではなく、何度読み返しても新しい発見があり、今もなお成長の途中であることを実感します。

これがプログラムを開始して1年経った私の感想です。色々書いてみましたが、まだまだ迷うことや、理解できていないことがたくさんあり、この先もずっと勉強と努力を続けて行きたいと思います。この一年間、私の理解力不足で、何度も同じことを説明させてしまったり、挫折しそうになった時に心から励ましてくださった住川先生に感謝しております。

これからもどうぞご指導お願いいたします。

利益を上げている他の受講者様の考え方や手法のエッセンス

東京都のKyさん

人物man

私は2017年11月からこのプログラムでお世話になっています。株式トレードを本格的に始めたのは2017年5月頃で、右も左も分からず売買を繰り返しては損を出していました。そのような状況を何とか打開したく、様々な情報を漁っていたところ、このプログラムにたどり着きました。

このプログラムの特長、他と違うところとしては

  • トレード以前の問題をクリアできる
  • 他の受講者様の考え方を知れる
  • 質疑応答無制限の活用で自分の思考をチェックできる

以上の3点と感じています。一つずつ述べます。

  • トレード以前の問題をクリアできる 

    トレード以前の問題とは、
    「作業ができない」
    「継続できない」
    「習慣化できない」等、
    トレードに取り組んで成果を出す以前の問題です。
    トレードで勝てるようになるためにはまずトレードに取り組む時間を質・量ともに高めていかなければならず、それにはトレードに取り組むべき動機が必要になります。それがなければ、仕事から帰ってきて作業をやるのはおっくうになりますし、少しでも思い通りにならないと投げ出すことになります。このプログラムでは、こうしたトレード以前の問題についても、プログラムのコンテンツや住川先生との質疑応答を使うことによって、改善していくことができます。

  • 他の受講者様の考え方を知れる

    月に一度、特別実践レポートが発行されますが、過去分から現在までの分を読むことによって、他の人がどのような考えで取り組んでいるのかわかります。同じように躓く人や前向きな人のレポートから元気をもらったり、トレードにおいては他の方が利益を上げる手法を見ることによって、自分の視野やトレード手法の幅を広げることができます。
    自分一人でやっていたら、他の人の思考や手法を覗けることはまずなく、利益を上げている他の受講者様の考え方や手法のエッセンスを知ることができるのは大きなメリットです。

  • 質疑応答無制限の活用で自分の思考をチェックできる

    住川先生に何回でもメールで質疑応答・報告ができます。私の場合は質疑応答はほとんどしたことがありませんが、取組内容を定期的に報告しています。定期的な報告によって、自分の取組ペースの維持や思考の整理に繋がりますし、報告内容で認識が違う部分があれば、住川先生からコメントをもらえるので、一人でやるよりも効率よく問題点に気づくことができます。また、損切などが続いて気持ちが落ち込んだ時も、それを報告すれば励ましていただき心が折れそうな時でもここまで続けることができています。常にトレードコーチがついているので、非常に心強いです。

以上、私自身が受講して感じた、このプログラムの3点の特長をお話させていただきました。

最後に、このプログラムには様々なコンテンツが用意されていますが、最も大事なのは最後まで諦めない姿勢であり、自分で考え、自分で問題を洗い出して改善する姿勢だと思います。それらを身につけるために、このプログラムは様々なきっかけ(コンテンツ)を与えてくれます。また、住川先生は実際に株式トレードで利益を出しているので、現役のプロトレーダーの目線から自分の問題点をチェックしてもらえます。もし近い将来、株式トレードで稼いでいきたいとお考えなら、最適なプログラムと思います。

自分自身

愛媛県のYさん

人物man

「魚を与えるのでなく、魚の釣り方を教えよ」という言葉があります。この講座は、魚(明日急騰する株)は教えてくれませんが、釣り方(利益
の上げ方)を教えてくれます。相場相手なので、わかったからといって、すぐに実践で上手くいくほど簡単ではありませんが。

利益の上げ方を練習する教材としてチャートノックがあります。過去のチャートを使って本番のつもりで、チャートを見て流れを掴み、エントリー、維持管理、決済までを行い、提出するとプロトレーダーが自分のトレードを添削してくれるサービスで、一人では気付けないアイデアやプロの目から見て、間違っていることを指摘してもらえます。

100本用意されているので、トレンドフォロー戦略と維持管理法を徹底して学べました。銘柄が変わるごとに振り返って検証する課題や、優秀な受講生様の模範解答を見せていだだける機会もあり、そういうものも含めて、チャートノックでの気付きが、かなり自分を成長させたと感じます。

本来、一人で戦っていかなければならない世界、どうやって進んでいけばいいか、自分一人では絶対にわからなかったと思います。今の自分は道半の状態ですが、このプログラムを通して、成功するためには何をすればいいかわかってきたので、努力を続けて目標に近づいて
いきます。

振り返ってみると、テキスト、実践投資家への道、レポート、メルマガなど、このプログラム自体が私の心理面のサポートになっていました。
ありがたいことです。

このようなプログラムを作って下さったことに感謝しています。

自分が孤独ではないことに気付かされ、力づけてもらえる

神奈川県のSmさん

人物man

!!!祝・投資力養成プログラム開講10周年!!!
私がプログラムを始めたのは2019年の7月からなので、ちょうど受講してから1年が経過しました。優秀な受講者様なら、十分な成果を出している頃合いだと思いますが、歩みの遅い私は、まだまだ練習中。なので、まだ、本格的に実践投資を行っておらず、稼げていませんが、このまま続ければ間違いなく稼げるようになると確信しています。その理由は、プログラムの内容にあります。稼げるようになる為のいくつかのプログラムに。

そのプログラムの中でも練習中の私に一番ありがたいのは、「特別実践レポート」。毎月他の受講者様のレポートをまとめたものが受信出来ます。プログラムによっては過去のレポートを読むことも出来ます。レポートを書いておられる他の受講者様のレベルは様々。私と同じ程度の練習中の方もいらっしゃれば、十分稼いでおられる方もいらっしゃいます。その方々の生の声を読むことで、安心したり、励まされたり。レベルが高すぎて、正直何が書いてあるか全く分からない事もありますが。(汗 

練習や投資を続けるのは結構孤独な作業。その作業がレポートのおかげで、「皆さん同じ事で悩んでおられるなあ」などと、他の受講者様の存在により、自分が孤独ではないことに気付かされ、力づけてもらえるレポートです。もちろん、投資に関する記述もたっぷり含まれていて、自分のレベルに応じた、いろいろな気づきができます。

もう一つ私に衝撃を与えてくれたプログラムは「チャートノック」。野球のノック練習と同じように過去のチャートをノックするというプログラム。このプログラムを開始するまで、これほどじっくり一つのチャートを見たことがありませんでした。昔は恐ろしいことをしていたなあと、今はは思います。チャートが表す意味も分からずに買ったり売ったり、それでは稼げるはずがありません。「チャートノック」に取り組むことで、自分がまだまだ練習中だということを思い知らされて、実践投資を一旦中断。最近やっと少しチャートが読めるようになってきたと感じています。まだ少し早い気もしますが、そろそろ実践の練習を開始しようかと思い始めているところです。

プログラムを受講していると、「成功するコツは、成功するまで続けることです。途中で投げ出さないことです」とよく言われます。その為に必要な「マインドセット」を鍛える練習もします。練習を続ける課程で私の「マインドセット」も少しずつ固まりつつあります。それにより、自分自身の生活にも変化が出ています。投資の練習以外でも、たとえば、メタボ脱却を目指して散歩と低糖質食生活を開始。それを続けることで体重が5Kgほど減りました。(それでもまだメタボですが。)散歩する暇があったら練習しろ!という声も聞こえてきそうですが、やり続ければ成果に繋がることを今更ながら身をもって実感しました。

投資力養成プログラム、決して甘いプログラムではありません。続けるのは結構大変です。ですがその先には必ず成果が待っている。練習中の私が言っても信憑性は低いですが、メタボ対策も投資も同じ、そう信じて続けています。住川先生、私も「途中で投げ出さない」覚悟ですので、今後とも、宜しくお願いいたします。

これからの人生において大きな自信となり、すごい財産になる

京都府のHさん

人物man

投資力養成プログラムを受講してから約3年半。ここまで続けてこれたのも、住川先生の激励のメールや特別実践レポートによる他の受講生様の取り組みを感じることができ、たくさんの刺激をもらい続けてきたからだと思います。

特に特別実践レポートは、投資に関するあらゆるヒントがたくさん書かれており、まさに市場参加者の心理を身近に感じることができ、宝の山のような教材です。住川先生のコメントもたくさんあり、何度も読み返す価値があるレポートだと思います。私にとっては、投資の勉強を続けていけばいくほど、必要不可欠な教材になっています。

私はまだ道半ばですが、住川先生への質疑応答が無制限にできる安心感や、、立ち止まりそうになったときでも、他の受講生様の刺激をいただけるので、少しずつではありますが、前に進むことができています。最近は少しずつですが、利益を出せるようになり、相場に参加することが楽しく思えるようになりました。自分のエッジを検証して見つけ出し、実践でいかに感情に流されずに建て切りして、失敗も成功も経験値として積み上げていくことがすべてこれからの投資力となって身についていく感じがしています。

そして自分が経験していないことや、また経験したこと、そして経験すべきこともすべて特別実践レポートに書いてあるので、市場から退場させられることなく、今も相場に参加できていると思います。本当にありがたい特別レポートです。

私はまだまだ課題が残っておりこれからですが、自分との闘いに勝てば必ず相場でも勝てると信じています。相場で勝てるようになったら、これからの人生において大きな自信となり、すごい財産になると思うと楽しみです。これからも住川先生のアドバイスと投資力養成プログラムを信じて、努力、精進していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

必要なことは全て書いてある。あとはそれを自分が理解するだけ

神奈川県のAkさん

人物man

投資力養成プログラムに参加してから現在に至るまでを振り返ってみました。
2019/02/08 投資力養成プログラム第1回入手
2019/05/07 チャートノックNo.011提出
2019/06/30 自己レベル評価 Level 25
2019/09/27 チャートノックNo.057提出
2019/10/31 自己レベル評価 Level 55.4
2020/02/08 チャートノックNo.100提出
2020/02/29 自己レベル評価 Level 80.8
2020/06/30 自己レベル評価 Level 100
投資力養成プログラムを”実行する”ことにより、一年間で、Level 25 → 100 に成長できました。

自己レベルって何?
自分は以下のように考えました。
150:年間1000万円を稼ぎ出す実力を身につけた状態
100:自分で立てたシナリオを実践で実際に実行できる状態
050:トレーダーの学習曲線を歩き出し実践開始の可能性が見えてきた状態

評価方法は、15項目のセルフチェック。自信を持って宣言できれば、それがPASSです。では、どうやったらそのPASSが手に入るのか?
答えは簡単。専属コーチ(住川さん)へメールする、です。

あなたがメールすると何が起こるのか?
世界が変化します。理由は、返信がある、または、ない。どちらか一方の未来が必ず生起するからです。メールしなければどちらも起こりませんから(^^)

返信がなければOK、あればNGまたはOKです。NGの場合は軌道修正することで成長できます。OKの場合はそのまま進めることで成長できます。自分が送ったメールタイトルを数えると305ありました。コーチからのアドバイスへのリプライを加えると、日に一通くらいの換算となります。一週間くらい送らないこともありますし、3通くらいまとめて送る日もありますので。

自分は現在Level 100. 次の目標は、

2020/12/31 自己レベル評価 Level 150
あと150通程メールすれば到達します。楽しみです(^^)

トレードを始めたきっかけは忘れてしまいましたが。8ヶ月くらいかけて、自己流で100回程売買してみたところで、手数料を差し引くと儲けはほぼゼロ。。。自分には向かないのかな、と思いつつも、せっかく始めたんだから、トレードについて、一度ちゃんと勉強してみようかな、といった軽い気持ちで投資力養成プログラムに参加しました。

そして、始めてみたら、、、スイッチが入ってしまいました(^^)
なぜか?それは、以下を知ってしまったからです。

  • 投資力養成プログラム

    必要なことは全て書いてあります。あとはそれを自分が理解するだけです。

  • 特別実践レポート

    必要なことを全て理解できたのか、を確認できます。それを実行できるのか、も確認できます。自分で実行しなくても。また、自分が気付いていないことに、気付くこともできます。

  • チャートノック

    理解したことを実行できるか、を実際に試してみることができます。お金を減らすことなく。

  • メンタリング

    メールを無制限に送ることができます。 メールを書いて送りさえすれば、必要なことは 得ることができます。 返信があってもなくても、得ることができます。

必要なことを理解して、実行できるようになりさえすれば、トレードで儲からない道理がない、と納得してしまいました。だから、あとはやるだけ。自分の経験値(レベル)を上げる。それだけです。

今回感想をお願いしましたが、私どもでは受講者さんに報告などを強要することは一切していません。

どこかのサイトのようにお客さんの声を作文することもありませんし、お金を払って書いてもらうこともしていません。また、仲間内で儲かった声を書き合うなんてことも一切ありません。名前出しや顔写真入りで、「何千万稼げるようになりました」とか、リスクを晒して儲かった自慢など不自然極まりないことですし、私どもでは一切行いません。