あなたにも稼ぐようになって貰うミッション

どう自分の身を守るのか?

ラジオを聴いていると、

緊急事態宣言は解除されたものの、勤めてる会社では300人中50人がリストラされるそう。今後2週間のうちに対象者には個別で連絡されるという。緊急事態は解除されても我々は生活が緊急事態。行くも地獄残るも地獄、我々はどうなるんだろう。

また、都内で歯科医院を経営するお医者さんからは、緊急以外の治療を控えるようにとの通達が厚生労働省からあったそう。都心のオフィスはテレワーク、在宅勤務で患者数は激減。その関係で4月5月の売り上げは9割減。テナント賃料の減額は応じてもらえず、このままだと閉院に追い込まれる。

切実な状況が紹介されていた。

他の業種だって同じようなもので、経済が縮んでしまったら働く人の数はいらないので、失業者が溢れることになる。

椅子取りゲームの椅子の数が大幅に減ってしまった状態で、椅子を奪い合わなければいけない。

三菱UFJ銀行の人員削減2000人とニュースにもなっているし、職を失った人達の椅子取り合戦が次々始まる。遊んで暮らせる人なんていないのが現実。

実践投資アドバイザー3

椅子の数が減ってるのに、椅子に座りたい人は増えている。
ピラミッドの中で相互依存をしなければならい人たちは、苦しい時代に突入するということだ。

不況とは無縁の職業。それがトレーダーだ。

でも、トレーダーという職業はこの限りではない。

ネット環境さえ有れば、どこにいても取引できるし、資本主義経済が崩壊しない限り株式市場は存在し続ける。万が一、南海トラフ地震などで国内の株式市場そのものが崩壊してしまっても、アメリカ株を取引すればいいし、為替を取引することもできる。

自宅でできるので満員電車に乗ることもない。つまり、三密ではない。取引先や顧客は一切不要で相互依存しなくて良い。ピラミッドの外にいるのと同じ事だ。慣れれば2〜3時間やれば事足りるので、自由時間が増える。それでいて年間に数千万や億を稼ぐこともできる。

自由とお金が手に入るいい仕事だと、私は実感している。地元広島の豪雨災害の時はすぐ駆けつけられたし、知人に多少のお金の支援をすることもできた。

だから、投資力を身につけた方がいい。
いや、すでに投資力の可能性を薄々感じた人ならば、投資力を身につけなければいけない。好き好んで損をしたい人はいないはずだが、投資力がないばかりに資金を減らし続けるヒトは山のようにいる。

コロナ不況で騙してやろうとする奴が、湧き出している

コロナ不況こそチャンスと、あちこちでキャンペーンを張っている。証券会社も必死に口座開設者を増やそうとしているわけだ。

証券会社邪悪

・今こそ世界へ投資
・コロナ相場でも8割以上が大勝!

とか言ってるけど、実情を知ってる目線で見ていると、実に滑稽だ(笑)

証券会社の収益の元は何か?を考えたら敵か味方かすぐわかる。

奴らは手数料収入がメイン。
口座を開設してくれて、たくさん取引してくれることで儲かる仕組みになっている。

社員達は売上ノルマを達成することが正義だ。一応、顧客の利益を考えたフリをするが、あくまでフリであって手数料を取ることが優先される。

考えてみたらわかる。彼らに投資で稼ぐ力があるなら、厳しいノルマを掛けられ毎日叱り飛ばされる組織にいるよりも、自分で売買して稼ぐ方を選択するはずだ。

なぜ、そうしないのか?

自分で稼ぐ力がないからだ(笑)
彼らは騙しているつもりはないだろうが、ノルマの達成こそが最重要。罠に掛からないようにしなければいけないが、無知な大衆投資家はまんまと罠にハマるわけだ。

次の動画を見れば全てわかる。
表からは見れない、大手証券会社の実態と営業マンの本音を語られている。

ポイント

  • 証券業界なんて完全に手数料商売。裏ではこんな事をやる
  • 営業マンなんて、ばくち打ちと一緒っだって事がわかる
  • 大口取引の社長の話。株取引と言ったって結局は遊び
  • 営業なんて大口顧客最優先。個人なんか見向きもしてない

鴨にネギを背負わせて市場に連れてきてくれるんだから、こういうお金を実践投資家が美味しくいただく(笑)

それから情報商材屋、マルチ屋、自己啓発屋も同じようなものだ。
ここぞとばかりに宣伝しまくる。

投資教材屋では、ラジオに出まくっている相場師朗という人物をネットで見かけたことがあるだろう。業界では稼げてない事で有名で、嘘つき師朗、詐欺師朗と呼ばれる(笑)

稼げないからラジオに出たり、本を書いたり、教材を販売したりするわけで、頭の上の髪の毛のようなものを見れば、本物かどうか想像がつく。


しかし、嘘を言ってるわけではない。


数千円の投資本を買ってくれば書いてあるようなことが、何十万円もの価値に見えるようにして高く売っているだけで、内容そのものは間違っているわけではない。売り方がうまいとも言えるし、やり方が「アコギ」だとも言える。

チャートパターンの名前を言い換えて独自の秘密があるように伝えてあるだけのことを数十万円で売っている・・・と言う事だ。

その教材をアフェリエイターとして売ってるやつが、うちにスパイとして潜り込み、受講者さんの声までマルパクリをしている事を知っている。さすがに宣伝文句は多少変えているが、そのままだ(笑)
人を欺くことでしかお金を稼げない奴は世の中にたくさんいる。



以下は、うちの受講者さんが教えてくれた。

男性客

2018年に本格的に株の勉強をしようと思い、相場師朗さんの本を読み、セミナーの受講し、ショットガン投資法をやってみましたが、これは大失敗でした、世のいい加減な投資法の一つです。

うちの受講者さんでも参加した人は少なくない。何十万円も掛けて騙されたと思っている人は、10人、20人ではないわけだ。

相場師朗教材もクズだが、もっとクズはたくさんある。

街の投資教室なんてのも同じだ。

奴らは、投資で食ってるのではなくて、最終的には生命保険を売りつける。投資を教えますというのは単なる撒餌で、人集めのきっかけにすぎない。

「生命保険に入りませんか?」と言ったところでさすがに誰も加入しない。生命保険はほぼ100%の人が加入してるので、別の切り口からアプローチすることが肝心。それが街の投資教室というわけだ(笑)

私は、騙されるのもアリだと思っているので、積極的に騙されたらいいと思うが、最低でもリスク管理だけは怠らないようにすること。そうすれば資金を失わなくて済むので、すっからかんにはならない。再起のチャンスはいくらでもある。

騙されて初めて気付くことも多いはずだ。
失敗したことを分析し、次に失敗しないようにすればいつか本物に辿り着ける。

私が思う本物を見分けるポイントは2点。

1・テクニックやノウハウに偏っていないこと

テクニックやノウハウは、本を10冊買ってくれば事足りる。テクニックやノウハウの取得にお金をかけるべきではない。

この株を買えとか、このタイミングで買えとしか言わない(言えない)のもダメ。トレードは、買う、維持管理する、出る。この3つのプロセスが成功して利益になる。

入口しか言わない教材に価値はない。

2・考え方。

これが何しろ重要だ。

勝ってる人はせいぜい1%程度という世界。99%側の考え方でいるから勝てない。
この事実が分かってない人がメチャクチャ多い。

勝てる側の考え方ができるなら、もうすでに稼いでるはず・・・(笑)

同じチャートを見ても、1%側の人と99%側の人では違って見えている。勝ってる人は特別な情報があるとか、特別な指標を持ってるとか、テクニックを持ってるとか、そういうのでない。誰でもが知ることのできる情報を使って、誰もが稼げない利益を稼いでいる。

何が違うか?

紛れもなく考え方だ。


考え方だから一朝一夕に身につく事はない。しかも、独学で身に付けるのは無理だと言える。マニュアルを買ってコピぺできる程度の考え方でいいなら、99%もの多くの人が負けるわけがない。

勝ってる人の数が圧倒的に少ない事を・・・、つまり、少数派の考えをもっと真剣に受け止める必要があるわけだ。


まとめると、稼ぐようになりたければ、

実践投資アドバイザー3

1・考え方を学べる事。
2・特にマンツーマンで個別指導できる環境がある事。

これが重要。

マンツーマンで学べる本物の教材を2つ知っているが、1つは200万円掛かるそうだ。
まあ、何億も稼ぐプロ集団が直接アドバイスをしてくれるので稼ぐようになれのだろうが、プロ集団なので費用が嵩むのは仕方ない事なのだろう。

ついでに言っておくと、プロ集団と言っても相場のプロであって、教え方もプロだとは限らない。これは結構重要だ。一流のプロ野球選手が一流の指導者になれるとは限らないのと同じ。自分ができる事と、教えられる事は別物だ。

ちなみに、うちの受講者さんでその教材で学んだという人がいた。顧客の声として音声で「儲かるようになりました。すごい効果です」とか言わされたそうだ。そして、今でも平気でその音声を使っている。

で、
うちを受講された。

どういうことか、お分かりだろう。そこの教材では儲けられなかったということであり、顧客の声は捏造されているということだ。ちなみに、うちでも儲けられるようにはならなかったので、プロ集団の教材に問題があるわけではない。その人自身に問題があるという事だ。

本物の2つのうち、もう1つは、うちのプログラムだ(笑)
内容は本編で確認して欲しい。紛れもなく稼げる教材だ。

稼ぐために重要なポイント

1・考え方を学べる事。
2・特にマンツーマンで個別指導できる環境がある事。



これはまさにうちの武器だ。

稼いでいる実践家から考え方を直接学べること。
チャートノックなどメールのやり取りを通じて、考え方を矯正していく。

本を読むだけだったり、DVDを見るだけでは考え方など変えられるわけがない。
直接指導ができるから、変えられる。

古くからある相場の本がある。考え方に触れた本で、紛れもなく本物だ。昔っからあるのに、考え方が変わったという人は多くはないが、たくさんの人に支持されているからこそ30年近くも売られ続けている。

ちなみに、中身のない薄っぺらい本はすぐ絶版になる。古本屋へ行けば一目瞭然。100円で売ってる。で、なんて書いてあるかご存知だろうか?

「これであなたも一億円稼げる」と書いてある。
100円の本で一億円稼げるらしい。買ってみる価値があるかもしれない(笑)

考え方を身につけるのは一方通行では難しい。
だから、コーチングという手法を取り入れたうちのやり方に強みがある。

で、私は投資力養成プログラムを主催して10年。
5500名を超える受講者さんにアドバイスし続けている事は、よそにない絶対的な強みだ。

なぜなら、実践家であり、かつ、効果的なアドバイスの仕方を常に研究しているからだ。

稼ぐようになれる人の報告事例

東京都のNさんからの報告
人物man

この講座のおかげで色々勉強させていただいてます。小銭しか稼げてませんのでまだまだです。
ここは受講者さんの考えを知れるのが一番のメリットと感じてますので、皆さんの意見を読み込んでなんらかの気づきを得たいと思います。

これからのスタンスについてですが・・・
昨日、MROやNECネッツSIが大きく下げて浅めLCにしてて引っかかりました。出来高から見ても1Q最終日なので利益確定したやつらがいたなと。
後場から戻して下ヒゲひいた状態になることが見えてきたので、ここらでリンス終了したとみて、再エントリー。
今日は大きく戻しており、リズムよく乗れてますが、ずっと市場をモニターできてるのもリモートワークだからできてるわけで、そろそろ通常のトレンドフォローのLC幅に戻していく必要があるなと感じ始めてます。

自分の立ち位置ですが、やはり頭がトレンドフォローなのでトレンドフォローのスタンスを崩さないのが正解ですね。その中で、カウンタートレードするなら、浅めのLCにちょっとの利益でと。でも、やってみて労力の割にって感じでしたので、第2波では底値からのトレンドフォローを心がけたいです。

今後は、先生のアドバイス通り、ここから更に上に行く強い銘柄を探していきます。
いまは、エムスリー、MRO、オイシックス、NECネッツSI、ゴールドウイン(25DMAで反発しなければ一旦利食かな)です。
GMOグループはすべて上昇トレンドですね。さすがです。熊谷さん。神戸物産は、ちょうどスクイーズとレンジ下限、25DMAタッチですね。エントリーには良いタイミングです。

課題は、利益確定です。
奥さんからも口を酸っぱくして言われるんですが、確定しない限り利益ではない!と・・・(家に帰るまでが遠足ですみたいな感じ)
エントリーから維持管理まで自分ではできるようになってきています。エムスリーは維持管理をしてきて、もうすぐ試玉はダブルバガーです。信用を組み合わせて、信用部分はちょこちょこ利益確定してます。こういうのを更に大きくしていくことが理想だと思ってます。

長文になりましたが、6月のレポートをまとめて報告しつつ、トレンドフォローに戻していきたいと思います。

小銭しか稼げてませんと言っても、毎月給料分と同等以上は稼いでおられる。
Nさんは最初奥様が受講されてその後ご主人に引き継がれて勉強されている。当然勝てもしない状態で、なんならろくに勉強もしてない。うちがはじめての教材だったそう。

つまり、まったくの無知でスタートしたのに今では給料分ぐらいは稼ぎ出せている。うちで学べば稼げるようになれる事を証明してくださった受講者さんの一人だ。

あなたにも稼いでもらいます

実践投資アドバイザー4

受講者様が全員稼ぐようになって貰うこと。
さらに、稼ぐ手段だけを伝えるのではなく、稼ぐ意義を知り、稼ぐ価値を知り、それぞれが目指す稼いだ先にある完成形に至る手伝いを全力ですること。


これが私のミッションである。

株で儲けたい、
FXで勝てるようになりたい、
楽で一気に大金を掠め取りたいと言うニーズは膨大。
そんな底なし沼に気軽に足を突っ込み困っている人は多い。

  • 実際に、書店にいけば膨大な量の書籍が売り出されており、毎月のように新刊が山積みになる。
  • 証券会社や投資顧問の思惑がスケスケに見える雑誌や書籍もある。
  • 無料資産運用セミナーと妙打って、不動産やファンドを売りつけるような仕掛けも氾濫している。
  • 元ディーラーだか、元証券マンだか、金融の世界で使いものにならなくなった御仁が、無知な素人を相手にビジネスを展開するスキームもNET上には溢れかえっている。
  • NETの技術が少しだけ得意なニートがマーケティングを中身の薄っぺらい情報商材で学び、投資教材を売りまくっているケースも散見される。



そもそも売るコンテンツなど持ってないので私のところへ「教材を扱わせてもらえないか?」とペテン師が問いあわせてきたケースが4〜5回ある。私の答えは決まっている。
「ペテン師は近づくな。バカがうつる。あっちに行け、しっ、しっ。」


問い合わせてくるならまだ可愛い。中には、受講者として潜り込みコンテンツを丸パクリする詐欺師が存在していることを私は確認している。ペテン師が丸パクリしたところで、トレードの本質を教えられるわけがない。何しろイカサマのインチキ野郎なんだから(笑)

腹を空かせたカエルの目の前に餌を垂らした糸を落とせば簡単に釣り上げられる。ホンモノの餌じゃなくても釣れてしまう。素人相手には偽物で十分。
インチキ野郎達は食うに困ることはない。なぜなら、どこに腹を空かせたカエルがいるのかをみごとに熟知しているから、目の前に疑似餌をたらせばいいだけの事。何しろ煽りに煽るマーケティングを知っていれば誰にでもできてしまう。


正直に言うと「投資のノウハウ」を売りにするビジネスにはひけめがあった。
偽物でも通用する世界。正しいプロセスを真剣に教えることなど馬鹿らしいと感じていた。ペテン師は論外としても、元金融屋連中と同程度と思われるのが嫌で嫌で仕方なかった。相場を通じて曲がりなりにでも食えるようになったんだから、しんどい思いをする事も無いと思っていた。

■ 世の中、食うか食われるかである ■

無知な連中の欲望を上手いこと利用して儲けをかすめ取る輩が実に多い。
山の中でヒッソリ暮らすウサギ(投資などしたこともないど素人)を上手に騙してサバンナのど真ん中(株式市場やFX市場)に連れてきて、ほったらかし知らん顔をする。そういう悪い筋に気付かずお駄賃(売買手数料)を払ってノコノコついていくウサギも多い。悪い奴らが一番悪いが、勉強もせず上手く誤魔化されノコノコついて行く方もついて行く方である。

資本主義の社会を表現したピラミッドの絵は、搾取する側とされる側の構造が見事に表現されている。使う側と使われる側。食う方と食われる方。利用する側と利用される側。ライオンとウサギである。


しかし、よくよく考えると全てが人生の中にあっての単なるプロセスであって、搾取されたからと言ってそれが完成形とはならない。



搾取されている事に気付き、そこから学び、自分自身を客観視することでピラミッド構造から抜け出して、資本主義の仕組みを利用して稼げるようになればいいだけの事。


そう考えれば、元金融屋連中やペテン師に搾取されるのも通過点にしか過ぎず、完成形に向かってのプロセスをたどっているだけとも言える。要するに、自分の完成形がイメージできていれば、全てのことが完成形に向かうためのプロセスになるので、搾取されることも間違っている事をしているわけではない。




「投資力養成プログラム」の受講者様の中には稼げるようになって卒業して行く人も少なからず存在する。

  • 2015年、百万円以上の利益をあげた受講者様は52名。うち16名は1000万円を突破。
  • 2016年は、百万円以上の利益をあげた受講者様は106名。
  • 2017年、百万円以上の利益をあげた受講者様は122名。うち16名は1000万円を突破。
  • 2018年、百万円以上の利益をあげた受講者様は145名。うち21名は1000万円を突破。
  • 2019年、100万円以上の利益をあげた受講者様は212名。うち25名が年間1000万円以上を突破。
  • 2020年、100万円以上の利益をあげた受講者様は150名。うち48名が年間1000万円以上を突破。

彼らも、それぞれいろんなプロセスをたどって私のところに流れ着いてきた。そして、自分が目指す完成形に向かって、次のステージに歩みを進めることができた。

  • 稼げるようになる人と、稼げるようにならない人
  • ピラミッドから抜け出せる人と、抜け出せない人

同じ教材を使って同じようにアドバイスしてるのに、この差はどこから生まれるのか?


「投資力養成プログラム」を始めてその秘密がようやくわかった。稼げるようになる受講者様には、例外なく身に付けているスキルがある。
特別な能力とか、エネルギー溢れるやる気とか、岩をも砕くど根性とか、そういうのは全く関係ない。聞いたら、
「そういうことか、それなら自分でもできる」
と思えるようなものだった。


簡単に表現すると、

  • 完成形をイメージ出来ているかどうか
  • そこに至るプロセスがあるかどうか



これまでに、受験勉強を突破してきたことがあるとか、部活を悔いなくやってこれたとか、英会話をマスターしたことがあるとか、任された仕事をこなしてこれたとか、そういう経験があればわかってもらえるようなスキル。
私が思うに、誰でも出来てしまう。むしろ、 「それさえも出来ないで株で儲けようなんて甘すぎだ」ということになる。




第16回で幸せのキャンドルサービスの話しをした。


たくさんのキャンドルに火を分けて、たくさんの明かりを灯していけば、そのうち日本中が明るく照らされるという私が掲げたミッションである。


ミッションを遂行させるために、私は縁をいただける受講者様を稼がせようと決意した。
稼ぐ手段だけを伝えるのではなく、稼ぐ意義を知り、稼ぐ価値を知り、それぞれが目指す完成形に至る手伝いを全力でする事にした。


次は、あなた様が稼げるようになってもらう番。
そして、自らのキャンドルで周りを明るく照らしていけるようになってもらう事。



10人に火を分け与えることができ、その人たちが次にまた10人に火を分けられれば、それだけで110人に火が灯る。そのプロセスを繰り返すだけで、日本中に火が灯せるときが必ず来る。



「稼ぐトレーダー実現化プロジェクト」をスタートしてもらった受講者様は900名を超える。


本気度がまるっきり違う。


本気度合いの強い受講者様だからか、それともプロジェクトのコンテンツが本気にさせる内容ということもあるが、手応えは十分である。休みも関係なく、稼ぐトレーダーを実現するためにど真剣な報告をたくさんいただいている。

実践投資アドバイザー4

はっきり言う。
稼げるようにならないわけがない。


私は縁をいただける受講者様を全員稼ぐようになって貰う。



稼ぐ手段だけを伝えるのではなく、稼ぐ意義を知り、稼ぐ価値を知り、それぞれが目指す稼いだ先にある完成形に至る手伝いを全力でしようと決意した。
その入り口こそが、「稼ぐトレーダー実現化プロジェクト」である。

千葉県N様
人物

私は投資力養成プログラムを勉強して、株式投資の考え方、やり方が180度変わりました。勉強する中で、大きな間違いに気づき、やり方を変えてから1か月、資金は10%増えました。そしてここから先は、2年以内に最初の目標である1000万円プレーヤーと確信しています。
そもそも、最初は株で安定した収入を得られると思っていなかったし、ほとんどの人が一攫千金を狙って始めると思います。ハイリスク、ハイリターン、10倍株を当てる等、私もそうでした。でも、そうやって、たまたま儲かっても95%の人が資金を無くして相場から去っていきます。
私もたまたま資金の3倍まで儲かったのですが、その後は毎日お金が減っていきました。そんな時にこの「投資力養成プログラム」に出会いました。「相場で生き残り利益を出し続ける、たった5%」に入るためのノウハウだと思いました。
株は確率論です。「絶対もうかる方法」は、無いけれど、「儲かる確率が高いやり方」はあるのです。
投資力養成プログラムには「確率を上げる」ためのノウハウが詰まっています。儲かる確率の高いチャートを選別する目を養い、チャートの背景にある相場参加者の心理を読み、利益を維持・管理する技術を身に着ける「チャートノック」。


損小利大の本当の意味を教えていただきました。儲かるまでの過程で人はどんなことに躓くのか、他人の体験談からわかる「特別実践レポート」。読むたびに発見がたくさんあります。
そして、「質疑応答無制限」。メールで成功者と1対1の対話をしながら勉強していけるなんて、ふつうはあり得ません。悩みや報告への的確なアドバイス、そして時には、答えを自分で出せるように導いていただきました。何度も何度もやり取りする中で気が付くと、「成功する考え方」が身についてきました。


もしも投資力養成プログラムに出会っていなかったら・・・・
この先も私は成功することはできなかったと思います。考えるとゾッとします。
出会えたことに感謝しています。
そして最後に一言「これ、100万円でもいいんじゃない?」安すぎます。

投資力養成プログラム

投資力養成プログラムは、2010年7月からスタートし今年で11年になります。その間5,500名を超える受講者さんにご縁をいただき、稼げるトレーダーを多数輩出してきました。
コーチングの技術を採用した実践投資家が、売買の練習の添削を行うことで、いち早く稼げるトレーダーに成長できます。