強くなりたければ正しい訓練を十分な期間にわたって継続すること

東京都のAさんから感想をいただきました。

東京都のAさん
女性受講者さん

12月に、2万円という破格だったために、逆に躊躇しながら受講を申し込みました。
それまで、現在の仕事に疑問があり、また、やりたいことをやるにはお金が必要で、どうしたらいいのか考えに考え、株式投資にチャレンジしようとは決めていました。書籍はもちろん、オンライン講座に申し込んだりしていましたが、どうもピンときませんでした。

そのオンライン講座の講師は実績もあり、入り口を決めたら出口も決めないといけない、とにかく練習です、という方針でしたのでまっとうな部類だと思います。しかし、私にその内容は伝わりにくく、講師のデモトレードはまるで魔法を見ているようにしか思えなかったのです。

講師に見える世界が自分と乖離しすぎていて、何もつかめない。毎回毎回、劣等感しか感じられず焦るものの、勉強の仕方もわからず。わかる人達だけの内輪の会話のようなものを毎回見せられ、つらい期間でした。大切な資金をドブに捨て続けていたように思います。

世の中がコロナ禍となり、コロナに対する恐怖や自分の仕事に対する疑問が増大し、ついに精神的に参ってしまい休職となりました。
その中で、ますます株式投資によって稼ぐこと、サラリーマンとして得られる給料以外に収入の柱を作ることの重要性を痛感しました。
そこで悩んでいたところ、先生の講座と出会いました。

始めてみて、先生の講座も細かく書いてくださっているのに、理解するのがやっとこさっとこ。ものすごく時間がかかりながら読みましたが、毎回目からうろこが落ちまくっていました。
トレイリングストップなど、聞いたこともありませんでした。この考えなら損切りなんて怖くありません。
株式投資でお金を稼ぐことについて躊躇がありましたが、そのことについても先生の講座では触れられていて…ただお金持ちになりたいわけではないんです。
その先にやりたいことがある。そのための資金を株式投資で集めるのです。
そのことにためらいを覚えることなんかないんだ。そう思えたのです。


また、休職が決定した当初、ザ・シークレットを読んでいたのです。それこそ、藁にも縋る思いで。その本の紹介が登場したときには、住川先生とのご縁は運命だったとしか思えませんでした。

さて、チャートノックはまだNo.003とよちよち歩きです。
先生の解答を読んでいて、

そもそも株価ってなんで変動するんだ?とか、ローソク足ってなんだっけ?とか、出来高ってどう考えたらいいのか?

など、初歩的な疑問が沸き上がり、NO.004に取り組む前に調べている状態です。

株式投資の仕組み、株価が決定する仕組み、変動する理由など、全然理解できていませんでした。これがわからないと、チャートを見ても相場参加者の気持ちなどわかるわけがありません。焦らず、一歩一歩です。


ただ、今年中に実際の相場に参加することを目標としています。それもなるべく早く。そんなにのんびりしている暇もありません。勉強を始めてから、ふさぎ込んでいた気持ちもだいぶ前向きになってきました。将来に希望が持て始めたからだと思います。せっかく家にいる時間(休職ですが…)があるので、できる限り勉強に時間を費やしたいと思っています。
まだまだ未熟ですが、どうぞよろしくお願いいたします。


上手くいかないのは、問題を抱えているからであって、その問題を解決しないと上手くなれないし、向上もできなければ、上達もしません。つまり、稼げないわけです。

以前学ばれてたことは、「入り口を決めたら出口も決めないといけない、とにかく練習です」との事ですが、正しく聞こえるかもしれませんが、


利益にするためのプロセスは、
入る 
途中の維持管理
出る

と、3つあってそれぞれのウェートは、

入る 20%
途中の維持管理 70%
出る 10%

の割合で重要です。

つまり、最も重要な維持管理をすっ飛ばし、入口と出口の練習だけをしたところで、70%の重要な部分を練習しないので稼げるわけがないのです。

正しい訓練を、十分な期間にわたって継続することが向上につながりますが、正しくない努力を延々と続けてもダメ。


お金を稼ぐことについての躊躇も、誰もが抱える重要な問題です。お金を稼ぎたいけど、心の奥底でお金は悪だと思ってる。ブレーキを踏みながらアクセルを吹かしてるようなもので、そのうちエンジンがぶっ壊れる事になるでしょう。これも解決しておかなければならない重要な問題です。

株式投資の仕組み、株価が決定する仕組み、変動する理由について理解不足という事でしたが、ご自身で研究され報告をいただいたので、解決のヒントを出しておきました。AIさんは自分の中にある問題を顕在化し、その問題を潰すように行動しておられます。正しい訓練をしているので、成長しないわけがありません。




多くの人は、自分に難しい質問をぶつける事をしません。うちの受講者さんでも同じです。
どこかの誰かが言った事を疑いもせず盲目的に信じて、その教えにすがろうとする。

違うと思ったら、答えを知っている他の誰かを探す。
楽で簡単に一気に稼げるのが投資だと思ってるから、それを知ってる人を探して歩くのでしょう。


本当は心の奥底では知ってるはず。相応の努力をしないで成功する事はあり得ないと。それなのに、自分を騙してでも楽で簡単を追求しようとする。

成功するために近道をしたところで、そこから得られる経験値はたかだか知れたもの。浅い経験しかないものは、相場の餌になるしかないんです。

餌になる事が嫌なら、本気で向き合うしかありません。

  • 自分はどんな人間で、どんな性格で、トレードを成功させるためにどんな問題を解決しなければならないのか?
  • トレードを通じてお金が欲しいのはどうしてか?
  • そして、いくら欲しいのか?
  • それを実現するために、自分がするべきことはなんなのか?

相場には自分以外の敵がいることも事実ですが、外にばかり答えを求めるのではなく自分自身と真剣に向き合うことこそ、今すぐやるべき事だと思います。



投資力養成プログラム