Wさんからこんな感想をいただきました。

ーーー以下ーーー

先生が実戦レポートでも、いただくメールでも
いつも必ず成功できます、とどうして断言できるの?
と思いながらも、あきらめなければ必ずできると
先生の言葉を信じてがんばっています。

ーーー以上ーーー

どうして断言できるか?
その秘密を明かしましょう。

と、その前に・・・



栃木県のFさんから

<問>
プロジェクトの目処90日、
3ヶ月が近づいてきています。
「自信」は付いてきていますか?

<答>「努力は裏切らない」と思っています。
今、やるべき事をやり続けているので、
必ず成功できると信じています。

このすばらしいプログラムに沿って勉強を続けて、
成功できないはずはないと、自信を持って言えます。
勉強を進めるほどに強く感じています。

実践投資家への道での問いかけは、
迷子になりがちな自分を正しい道に導いてくれます。

アファメーション、時間=命、取り組む姿勢・・
などなど、本当に ここに参加しなかったら、
知りえなかったことだと思います。

もっと早く 出会いたかった。
とよく思うのですが、このタイミングで
出会えたからこそ、真剣に取り組めている
のかもしれません。

11月の相場の急騰には参戦しませんでした。

実は 「実践をやらないと決めているけど、
ここは乗ったほうがいいのかも・・
買っちゃおうか・・」と何度も思いました。

監視銘柄の中には 短期間で、倍以上に
なっているものもありました。

「あー、もったいない」と思いちょっと沈んだ
気持ちでレポートなどを読むと 「騰がる銘柄を
当てるのではない。エントリー後に 
どう維持管理が出来るかが大切」 
という言葉があり、よくよく考えると、
今の自分には実践で稼ぐメンタルと力はない。

やっぱり練習あるのみ。
と気持ちを切り替えられました。

推薦図書のリバモアでも「市場がどうであれ、
利益を生出す状況と機会は、常に存在している。
一刻も停滞しないのが市場の本性であり、
チャンスはどんな時にも存在する」とありました。

今の自分は 勉強・練習の時です。
自信を持って勉強に取り組んでいます。
今、勉強がものすごく楽しいです。

このプログラムに出会えたことは、これからの
私の生き方を変えたといっても過言ではありません。

出会いに感謝しています。
本当にありがとうございます。

これからも厳しいご指導、
よろしくお願いいたします。


Fさんの学ぶ姿勢や考え方、
マインドセットは完璧です。

今回の報告だけ見ても、
そのことは誰にでもわかると思います。

また11月課題の成功宣言を見れば、
確信に変わります。


あとは、正しい道案内ができるガイドがいれば、
トレード山を登り切れることぐらい想像がつきます。

投資力養成プログラムを運営し10年、
5500名を超える受講者さんに縁をしてもらい、
日々どうすれば理解してもらえるのか研究し、
多くの成功者を輩出もしています。


私はこれでも、
百戦錬磨、ベテランの山岳ガイドなんですよ。

どんな受講者さんが稼げるようになれるかは、
イメージ記憶として蓄積できています。



それだけではありません。

数ある投資教材の中から
「投資力養成プログラム」を選択できたんです。

添削・アドバイスは私一人しかできませんので、
こなす量には限界があります。

どこかの教材のように売りっぱなしの
教材ではありませんから。

だから、積極的に宣伝していません。

そんな限られたなか、
「投資力養成プログラム」に縁をいただいた。

それだけで成功したも同じことなんですよ。


うちのことなど知らずに消えていく人の方が
圧倒的大多数でしょう。

強いトレーダーの栄養にされて、
証券会社の手数料稼ぎの餌食にされて、
数十万、数百万円もする投資教材のカモにされて、
あちこちから袋叩きにされてトレード人生を
終えるんです。

これが普通の人です。

でも、うちの受講者さんは違うんですよ。

他の誰よりも、成功に近い位置にいることは
間違いのない事実です。

以上のことから、
「必ず成功できます」
と断言できるわけです。



でもね、
チャートノックを提出しない、
実践投資家への道を提出しない、
参考図書を読まない、
メルマガも読まない、
特別実践レポートも読まない。

こういう人は別です。

うちに所属してさえいれば
いいというものではありません。

当たり前のことです。

そういう人には、
「必ず成功できます」
とは、さすがに言えません。

私も嘘つきにはなりたくないので、

「勉強などせず趣味的売買に
 専念したらどうですか?」

「儲かることは絶対にありませんが、
 そのほうがきっと楽しいですよ」

と、事実を言います。

そう言わせてもらった人は、
何十人といらっしゃいます。



残念ながら「何くそ!」と
考えを改める人はいませんでした。
まあ、相場の栄養になる人はそんなもんです。

ここをクリックして申し込む