ゴルフが上手くなりたいのに、練習もせず理論ばかり勉強している。これではゴルフの腕はいつまでたっても上達しません。間違った勉強法を続けたとしても、そんなものには意味がありませんよね。

真剣な人なら、うすうす気がつき始めている人も多いでしょう。勉強しても勉強しても一時的には儲かってもトータルではお金を減らし続けている。コンスタントに利益を上げられないと、悩んでいる人は多いはずです。

1・なぜ、勉強しても儲からないのか?

一言で言えば、間違った勉強をしているから

野球が上手くなりたいのに、理屈や理論や知識を増やして練習をしてない。
評論家ぐらいにはなれるかもしれませんが、バッティングが上手くなれたり、速い球を投げられるようになる事はありません。
野球が上手くなりたければ、練習するしかない。普通は、そう考えるはず。

でも、
トレードを上手くなるために、練習をしようと思う人はほとんどいない。

上手い下手が影響する世界なのに、なぜ、練習しないんでしょうかね。



もともと株やFXを始めた動機が、「楽で簡単に一気に大金を、できれば一円も損することなく儲けてやろう」ということなので、根本にあるものは「苦労などしたくない」「楽に稼ぎたい」。これが、間違った意味のない勉強をする理由です。



そこで、これから話すことを念頭に入れ、常に向上を目指し学ぶだけで10人に1人のトレーダーになれます。
ほとんど多くの人は、誰かのコピーをしているだけですから、意味のある学びをしていません。これから言う事を行えば、10人に1になれるんです。



でも、
10人に1人のトレーダーにはなれますが、それでは、プロのトレーダーのように大きく稼ぐことは難しいでしょう。相場の世界では勝ち組は5%だと言われています。

私の肌感覚ではもっと厳しく、1%ぐらいだろうと思っています。これからの話の中で10人に1人どころか、100人に1人のトレーダーになるにはどうすればいいかも合わせて考えていきます。

100人に1人になれば年収で言えば1000万円以上をコンスタントに稼げるぐらいでしょう。これから大事な事を話すのでどうぞ最後までしっかり目を通して欲しいと思います。

2・まず、お前誰だよと思う人もいるでしょう。

結構苦労しましたが、私はトレードで食うに困らない資産をこの20年で作ることができました。その辺のサラリーマンの4から5人分の生涯年収ぐらいでしょうか。

そして、
10年前より個人トレーダーへの教育として「投資力養成プログラム」を主催し5000名を超える受講者さんと縁をいただけました。

ありがたいことに、「教える」ということをしているつもりでも、たくさんのことを教わることができました。その教わった事を、受講者の皆さんにフィードバックする事で、より一層レベルの高いアドバイスができるようにもなりました。

1人でトレードをしている時から比べると雲泥の差です。
標高4.5mの大阪の天保山と3776mの富士山ぐらい違います。

高さだけではありません。たくさんの経験をさせてもらうことで裾野もずいぶん広くなりました。裾野が広ければ広いほど山は高くなりますからね。
トレードでの実践経験も、人様へアドバイスするという知識も経験もたくさん持つことができました。

トレードだけなら私より凄い人はいっぱいいるでしょう。

しかし、
実践トレードとコーチングを合わせた部門では、おそらく私が日本一でしょう。

3・10人のうち9人がやってる事とは?

本を読んだり情報商材を買ったりカリスマのDVDを見さえすれば学べていると思っているようでは、その辺の凡人と変わりません。

まず、トレードを勉強しようと思えばほぼ全員が、投資本か情報商材か、証券会社のセミナーで学ぼうと考えるんです。中学生でもこのぐらいのことは考えるでしょう。中学生でも考えられるぐらい誰もがやっているような事を同じようにやっても、所詮他大勢と変わらないという事です。

相場はゼロサムゲームの世界であって、誰かの損が誰か儲けにつながる。
では、あなたが儲けるためには、あなたより弱い人を探し出さなくていけなくなる。

あなたより弱い人はどこにいるんでしょうか?

中学生でも思いつく程度のことをやっていても、それ以下の人はそんなに多くありません。

いつもいう言葉があります。

「勝ったこともない素人が考える程度でやりたい事だけをやり、面倒なことは避けて通る。どうして稼げると思うのか?」と。

YouTubeの投資講座も、DVDでカリスマの手法を学ぶことも、証券会社へ行ってセミナーに出席することも、その程度ならすべての人が同じことをしてるでしょう。

その程度ですが、実は大変重要な役割があります。海で泳ぐイワシと同じで、大型魚や海鳥、クジラの食べ物としてなくてはならない。

10人のうち9人は、資金の供給元になります。

しかも、その供給元は証券会社が頑張って集めてくれるので、大型魚や海鳥、クジラ側は集客しなくていいわけです。証券会社の儲けは、売買手数料ですから、たくさん客がいる方が会社は儲かる。

しかも、
下手くそほど頻繁に取引してくれる。

そして、
1年以内には集めたお金は集めた分だけ消えていきます。損してやめていくんです。だから、彼らは常に新規開拓が市場命題なんです。

誰も、大型魚やクジラの餌になろうとトレードを始めるわけではなく、「儲けたい」と思っているはず。

それなのに、他大勢と同じことをして損してやめいくようではダメでしょう。勝ったこともない素人が考える程度のやりたい事だけをやってたってダメでしょう。

4・10人のうち1人になる価値ある学びとは

10人のうち1人になるには、価値のある学びをしなければなりません。

本当に価値のある学びとは、知識量を増やすことでもなければ、難しいテクニカルを使いこなせばいいわけでもない。

カリスマの手法とか、ラジオによく出ている頭の上に髪の毛のようなものを乗せてる講師の話を、熱心に聞けばいいというものでもありません。

学んだ事を実戦トレードで表現できる「実行力」こそ重要なんです。

小難しい理屈も、カリスマが言うようなテクニックも一切いりません。簡単な指標でいいので学んだ事を実際に活かせるかどうかの方が100倍大事なんです。

今回はここまでです。

次回の内容では、10人のうち1人がやっている事を、詳しく解説していきます。これにより、トレーダーとして強くなっていくことができるので楽しくなるはずです。まだこの段階で稼げるとまでは言いませんが、楽しくなるのは確実です。

なぜなら、成長を実感できるはずですから。

これまで、やってもやっても上手くいかなかったので、「やめようかな」と思ってる人も多いはず。それが、価値のある学び方を知ることで、目指してる方向に近づいてることが実感できるようになる。やったらやっただけ成長できるんですよ。その延長上に自由にトレードで稼げる世界が待ってるんです。

楽しいじゃないですか。

さて、ここで「投資力養成プログラム」の紹介です。

来月で10年になる「投資力養成プログラム」は、トレーダーとして強くなるための教育プログラムです。ハッキリ言って中学生の月謝より安い。しかも、120日間に渡って全額返金対応させてもらいます。

「こいつの言ってる事、本当かいな?」と思う人もいるでしょう。

そのぐらいおよび腰である人の方がお金を稼げると思っています。
トレードでは危機管理能力がなによりも大事ですからね。

でも、あまりにも慎重になりすぎてもチャンスを掴めません。

だから、低価格であり、120日間の全額返金制度を取り入れています。
中学校の月謝程度とはいえ、騙されたとなっては嫌な気持ちになるでしょう。こちらも嫌な気持ちで居られることが嫌なので、これではお互いが不幸になります。

その不幸な状態を解消するには、全額返金が1番いいわけです。

しかも、時間はたっぷり4ヶ月の120日間。返金理由を聞く事はありません。「返金希望」とだけメールをしてもらえば対応します。

投資力養成プログラムは、こちら。
https://chart.fporgon.com/?page_id=7210

今後もこのメルマガでは、強いトレーダー、稼げるトレーダーになってもらえるよう、10年間で学んできたことを、できる限り簡潔に、そしてわかりやすく配信していきます。

いつまでも、お金の供給元では嫌でしょうから、どうぞ参考になさってください。

今日の内容を整理しておきます。

  • 10人のうち1人になるためには、他大勢がやっている事と同じことをしてたのではダメ。
  • 1知識を増やすことを目指すのではなく、学んだ事を実戦で活かせる実行力が大事。
  • 1100人に1人しか生き残れない世界です。これまでに考えてきた事以外に注目してみてみましょう。
ここをクリックして申し込む