強いチャート

福井県のY様から


7741 HOYA
月足 2013年から右肩上がりに上昇。
5000円、6000円、7000円の節目が
押し目となり上昇が続いている。

週足
2018年5月から約10ヶ月間のレンジ相場が続き
2019年の3月に上値抵抗線を上抜ける。
その後、押し目はあったものの26週移動平均線を
割ることなく上昇が続いている。

日足
ボリンジャーバンドではレンジ相場から
上抜けたあとバンドウオークが続いている。
一旦、押し目はあるもののすぐに
バンドウォークが継続されることから
強い銘柄と思われます。

エントリーするなら
下値支持線が6000円、
上値抵抗線が7200円の位置にあり
1/30に前回の安値まで下げることなく
下げ止まった翌日窓を空けて陰線が上昇した翌日の
2/1の寄り付きで 6379円でエントリー。
11/18の終値では9812円となっている。

9812円-6379円=3433円   53%

7730 マニー
(途中省略)

6920 レーザーテック

月足 
2019年8月に今まで超えられなかった
5000円の節目を超えて上昇中。

週足
5000円が抵抗線となり一年半続いた
保ち合いを7月に上抜ける。

日足
2019年6/18に底値をうち、
その後は右肩上がりに上昇。
11/18には高値を更新。

エントリーするなら
6/18に底値をうち7月のはじめに75日線で
保ち合いが続き7/19に直近の高値を終値で超える。
出来高の増加、25日線を上抜け75日線も
上抜けたので7/22の寄り付きで4790円でエントリー
11/19の終値が8840円

8840円―4790円= 84%


初心者と熟練者の決定的な違い、

それは・・・、

「 経験値の差 」です。

体系化されて記憶された知識や経験値をもとに、
チャートを

・深・く・評・価・し、
・深・く・洞・察・し、

それをもとに判断を下すことになるので、
別人が同じチャートを見たとしても、
全く違うものが見えています。



Yさんは、
毎週強いと思うチャートを3銘柄分析し
報告をしてくれます。



その報告を私の視点で添削します。


・ここで入ればもっと取れたのでは?
・こういう見方もできるかも?
・こっちで判断した方がいいかも?
・このポイントには注意が必要!

などと、私なりのチャートの見え方や、
チャートを読み解くヒントを返信します。



私のコピーになっても仕方ないので、
受講者さんの視点を尊重することが基本ですが、
相場参加者の違う考えや視点を、
この作業を繰り返すことで
知ることができます。

だからこそ、
チャートを読み解く視野が広がっていくし、
思考のブレない軸を作り上げることができるんです。

初心者レベルで見えるチャートの見方なんて
たかが知れてますよ。
多くの場合、自分が見たいように見えた
チャートで維持管理するんです。

もっと言うと、買いたいという衝動が先にあって、
その衝動を満たすためにチャートやNET上の
噂などから、もっともらしい理由を探すんです。


チャートノックや強い銘柄報告をすることで、
たくさんの情報が経験値として蓄積されていきます。
だから、他の人が見えないもモノが
見えるようになるんです。

そして、
もう一点大事なことがあります。

自ら考えている事を文章にして、
報告という形でアウトプットしている事です。

報告するということは、頭に中にあることを
相手にわかってもらえるように
整理しなければなりません。

そうでないと、伝わりませんからね。

整理することでもう一段、
理解が深まるんです。

この循環こそ実践家として成長し、
やがて稼げるようになっていくわけです。


Yさんのレザーテックでは84%でしたが、
初心者レベルの人では、
84%も利益を得られないでしょう。

Yさんをはじめ熟練の受講者さんは、
増し玉や両建てなどを
訓練し経験を積み上げているので、
84%以上の利益を生み出せることになるんです。

強くなるために実践投資家としてやるべきこと、
それは、チャートを読み解く訓練です。

ここをクリックして申し込む